祝・生還一年

DSC 0420 198x300 祝・生還一年去年の今日、5月18日に父が胸部大動脈瘤破裂で仕事場で倒れた。あれから丸1年。

あの日の事は、ずっと忘れられない出来事。

あんなに怖くて、あんなに不安で、あんなに心配な時間を過ごした事は今までの人生で初めての事。

胸部大動脈瘤が破裂するとかなりの確立でショックによる即死に至るらしいけれど、とにかく倒れたと聞いて病院に駆けつけたその時は何の知識も無く、ただただ無事で居てくれる事を祈るしか無かったな〜と今でも鮮明にあの時の気持ちを思い出す。

父が倒れた5月18日は、私の結婚式まであと二週間という時だった。

昔から娘にとても甘いお父さんであった私の父を知る人は、ず〜っと昔から「香苗ちゃんがお嫁に行く時には、絶対お父さん泣いちゃうよね」と口を揃えて言っていたくらいで、私もやっと花嫁姿を見せられると結婚式を待ち遠しく思っていたから、父が倒れたと連絡があった時は頭の中が真っ白で、動揺で大変だった。

幸いにも、結婚式の衣装合わせに旦那さんと一緒に栃木に帰省しているバスの中で父が倒れたとの連絡を受け、大きな不安な気持ちがある中で隣に旦那さんが居てくれたのは本当に心強かった。

病院に着いてみると、最初はもう帰れるという話だったけれど、そこから話は慌ただしく変わり、ここでは手に負えないと別の病院に送られる。そして、次の病院で分かった事は緊急の手術が必要との事。そして、その為には人工心肺の設備が必要で、そこの病院には人工心肺の設備が無い為、国立病院への転送となる。

ここで初めて父と会えて、酸素マスクをしながらも「心配かけてごめんね。」という父に、頑張ってね!と言うしか出来なかった。

国立病院に着いてから、医師から手術の説明を受けて、ぞっとする様な色々な可能性も話された。

そして、手術の同意書に兄がサインをし、父を手術に送り出した。

父が手術に向う途中、担当する医師の方に「6月3日が娘の結婚式なんですよ」と伝えた時の医師の切ない顔で、もしかしたらこれが最後のお別れになるかもしれないとも思った。

けど、そんな事思ったら本当にそうなってしまうと思って、もしかして・・・は絶対に考えないようにした。

真夜中0時に始まった手術は朝5時過ぎくらいに終わり、医師から手術は成功。幸い破裂して開いた3ミリ程の穴に血栓が詰まっていて、出血が止まっていて、手術時間も通常より2時間程早く終ったとの話を聞かされる。

奇跡だと思った。

麻酔がさめても手足が動かなかったり、脳に後遺症が残る可能性も言われていたけれど、それも全くなく目を覚ましてくれた時は、本当に神様は居てくれる!と思ったものでした。

驚異的な回復を見せて、私の結婚式前に退院、そして結婚式も一緒に歩く事が出来た。

あれから1年、父はすっかり元気に薪割りまで出来るように回復。

手術で一度心臓を止めている父。

本当に生還をした日。

これからも、特別な日。元気で居てくれればそれだけで幸せな事です。

 

コメントを残す

(required)

There aren't any comments at the moment, be the first to start the discussion!