ROSAS

2013052721030000 168x300 ROSAS先週から2週続けてパリ市立劇場でRosasを鑑賞。

先週は「Elena’s Aria」,そして昨日は「Drumming」

改めてセンスの良さに脱帽でございます。

Eleana’s Ariaは、2月にBrusselに行った時にも鑑賞した作品で、また劇場が変わると見え方も変わって素敵であった。

でも、なんといっても感激したのがDrimmingのラストシーン。生演奏の迫力も素晴らしかったけれど、あんなに気持ちの良いラストシーンはない!!

生演奏の方達の近くに小さな電光掲示板のようなものがあって、数字が書かれているのは分かったけれど作品が始まってからはダンスに目がいきっきりでその存在を忘れていた。けれど、ふとそこに目をやるとカウントダウンがされている事に気づく。気づいたのは丁度2分を切ろうとしていた所。もしや、これは終わりをカウントダウンしている??と思いつつ、カウントダウンに合わせてハラハラしながら舞台に目をやっていたけれど、丁度「0」で演奏、ダンスがピタッ!!!!と終った時は、身体に鳥肌が走った。繰り返しのリズムからなっている音楽も、ダンサーの動きも、舞台セットの動きも、全てが「0」で完結するこの何ともいさぎ良い終りに、本当に感動感動でした。

いや〜、良いものを見させて頂いた。

そして今日は、私と旦那さんが出会うきっかけにもなった大きな出来事でご縁が繋がりました方とパリで再会。

色々な話を聞かせて頂きながら、人との出会いやダンス作品との出会い、劇場との出会いなど、本当に良く出来ていて、ご縁がある所はどんどん繋がってゆくのだな・・・という事を改めて感じます。そして、そんなダンスが繰りなす素敵な人間模様と国を跨いで人が繋がって行く様子を伺いながら、やっぱりダンスって素敵なものだな〜とダンスの素晴らしさをまた感じるのでした。

そして、家では旦那さんの持っていた本を拝借し、Anne Teresaの作品の作り方にまたインスピレーションをもらって、自分の作りたいダンスについて、そしてこれから自分がして行きたい事について、また頭を使ってみる。楽しい時間でございます。

こういう素敵な出来事があると私の顔つきは変わるらしく、良い顔になると言われます。

いつも良い顔で居られるように、しっかりアンテナをはって日々素敵な出来事をキャッチ出来るようにせねば。

コメントを残す

(required)

There aren't any comments at the moment, be the first to start the discussion!