子宮頸癌ワクチン

今日、歯医者さんの待合室で某週刊誌に目をやると、子宮頸癌ワクチンで様々な後遺症に悩まされている女の子達の直筆の手紙が載せてあった。

ワクチンの後遺症で車いす生活になってしまった子、右手が使えなくなってしまって慣れない左手で書いた震えた字で身体の痛みを訴えて早く学校へ行きたいと書いていた子、24時間頭痛に悩まされ、突然気を失い真横に倒れてしまう事があると訴える子、笑顔が出来ない、言葉が出てこなくて友達が出来ないと悩む子・・・。切なくて心が痛い。

まだ中学生や高校生。これからという時に様々な症状に襲われて、この症状を和らげる方法は無いという。一生このまま・・という。

自然療法、血液循環法、東洋医学etc…と色々な勉強をし色々な症状の患者さんを見て来た母は、この子宮頸癌ワクチンが小中学校で無料接種となった時、この先恐ろしい事になるのでは・・・と懸念していた。

ちょうどその年頃の娘さんをもつ患者さんの一人は、自分自身の身体の不調から母のもとに施術を受けに来るようになった方。

もう、お嬢さんのウエディングドレス姿は見られないでしょう。と特殊な病気を告げられて、そう言われたそうな。

特になせる治療も無いと・・・。

失意の中、母の存在を思い出し、病院から家にどう帰ったか今でも思い出せないらしいけれど、直ぐに母に連絡を取り、その時から数年の間治療をしている。お医者さんもびっくりするような効果が現れたこともあり、色々な症状が改善されている事もあり、何かあれば色々な事を母に相談している。

娘さんの子宮頸癌ワクチンの時にも、どこか疑問があったのか母に相談をしたらしい。母は自分の知識の中で思う事をその方に伝え、その方は娘さんにワクチンは打たせないと決めた。

その時、たった一人だけワクチンを受けなかった娘さんとその方は、学校から変人扱いされたそうな。

しかし、今になってみて、その患者さんは周りに何を言われても自分がした選択を正しかったと噛み締めているよう。

中には何も後遺症が無い人もいるけれど、あのワクチンが本当に効くかどうか分かるのは彼女達が40歳を迎えた時だということが記事には書いてあった。

そのインタビューを受けていたある医師は、ワクチンは危険だ!とずっと言い続けているという事だった。

一生もとには戻らないと言われた若い女の子達。

昨日まで普通にきゃぴきゃぴした中高生だった子達が、歩行もままならない、学校へも行けないなんて・・・。

良いと言われれば信じてしまうのが普通だと思うけれど、自分達の身体は自分たちでしっかり守れるように、最低限の知識をもって選択をしていかないといけないな。と、色々な物があふれる今の世の中こそ、自分を守って行く為に必要な事のような気がする。

どうにか後遺症に悩む若い彼女達が今までの生活が出来るようになる事をただただ心から願うだけです。

DSCF4536 300x225 子宮頸癌ワクチン

←@St Sulpice寺院

コメントを残す

(required)

There aren't any comments at the moment, be the first to start the discussion!