奇跡

昨日、母の官足法講座を手伝いに群馬県前橋市へ。DSCF4183 300x225 奇跡

私はストレッチをお教えしている。

以前からこのお仕事はやらせて頂いていて、帰って来ている間はなるべくお手伝いしようと思っているところ。

毎回、講座の後にある方のお宅で出張足揉みをしてくる。以前は、お母さんの方を母が、娘さんを私が揉んでいたけれど、私は身重で今は足揉み出来ないので母が2人の足揉みをしている。

昨日、素晴らしニュースを聞いた。ある病気を患い病院に通っていたお母さんの方、病気は卒業。もう病院には来なくて大丈夫とお医者さんに言われたそうな。

子宮がんから始まり、胃がん、そして最後に白血病と病気を繰り返していた時に、お友達の紹介で母に出会ったらしい。

抗がん剤の治療はそれはそれは辛いもので、治療が終っても家事も何も出来ない程に憔悴しきってしまったと聞いた。

そんな時に友達の紹介で母に出会い、始めた母の治療。痛くて痛くて大変だったけれど、みるみるうちに身体が変わっていく事が分かったそうな。

それを見ていた娘さんも、その効果の程を目の当たりにして定期的に足を揉むようになったのだそう。

今の元気なお姿をみると、そんな大きな病気をなさって動けなくなってしまっていたなんてとても想像出来ない。

母はそのお母さんに、自分の年齢の数だけ足揉みの治療を受ければ病気はきっと良くなるよ!と宣言していたらしい。

そして、自分の年齢の数だけ治療が終った直ぐ後、病院の先生からは「血液の病気はもう卒業です。」と言われたのだそう。

その時も、「先生の言っていた通りだった!!血液の病気は卒業だっていわれました!」と喜んでおられた。

でも、定期検診などの為に病院には通っていたのだけれど、それももう卒業だと言われたのだと大変喜んでいらっしゃった。

同じ時期に同じ病気で入院していた方は、亡くなってしまった方、今も治療を続けている方などがほとんどのようで、その方の様に元気に完治した方はいないのだと言う。

母に会えた事。治療をしてもらっている事を「神様はいると思った」と言ってくれているのを聞くと、母は本当に素晴らしい仕事をしていると尊敬します。

今日、朝のテレビで遺伝子検査をして悪くなる可能性がある所を取ってしまう・・・なんて事をやっていたけれど、人間の身体は悪くなったってきちんと身体と向き合い、きちんとした事をしてあげれば、ちゃんと元に戻る様になっているという事を身近にみている私は信じられない事だと思ってしまった。

人間も自然も宇宙も、きっとデータでは分からない、私達の目には見えない凄い力を持っているものだと思う。

コントロール出来ないものだと思う。

それに向き合う事もせず、取ってしまえば大丈夫!という事にはならないのではないかな〜。

人間の中に不必要な臓器など一つもないのだから、取ってしまった後に必ずどこかに影響が出るであろう。

人生において、きっと何でもそうなのだろうけれど、その事柄に向き合う姿勢によって、昨日嬉しいニュースをくれた方の様に、必要なものは必要な時に目の前に現れ、必ず その人にとって一番良い方向へ導いてくれるような気がする。

そうやって、一番大事な時にきちんと良い方向へ導いてもらえるように、自分の身体は自分でしっかりメンテナンスせねば。

健康第一!!

 

コメントを残す

(required)

There aren't any comments at the moment, be the first to start the discussion!