The Show Must Go On

3連休で、出産前最後になるであろう上京。

一応九ヶ月に入っている為、病院の先生に聞いて、お腹が張ったら直ぐ休む事を注意され、念のためのお腹の張り止めの薬も貰って上京。

しかし、無事にお薬にはお世話にならず、お腹も張らずに行って来る事ができました。

2つのダンス公演を鑑賞して、締めくくりに二年前に知り合った「The Show Must Go On」の出演者の会に参加する。

公演を見ると、色々な事を考えるチャンスを貰えてとても刺激になる。どうしてその作品を創るのか、そしてどうしてそれを人に見せるのか・・・・。

自分がものを創る時の気持ちを思い出しながら、見た作品で感じた事をまた自分の中で消化させる作業はとても楽しい。

作品を創るという事に大きな衝撃を与えてくれたのが、まさにJerome Bel振付けの「The Show Must Go On」への参加であった。

あんなに腑に落ちた作品に今まで参加した事がなかった。

私の中にいつもあった興味は観客との関係。

それをあれほどまでも明確に見事に大劇場での作品にしたJerome Belには、本当にダンス人生を覆された感じであった。

身体を動かして、踊りを踊るというシーンはほとんど無かったものの、あんなに舞台に立つ事が難しいと感じた事は今まで無かったかもしれない。自分が舞台に立つという事や、観客に何を見せるのか、観客をどう楽しませるのか、そして劇場という空間の中で観客と演者がどんな事を共有するのか、本当に色々な事が考え尽くされた作品に参加出来た事で、本当に勉強になったし、何よりも素晴らしい仲間達に出会えた事が本当に幸せな事だった。

今でも、あの充実した二週間は宝物の時間。

そんな素晴らしい時を共に過ごした仲間達とは年に何度か集まる事があり、その時間は必ず楽しくて素敵な時間になる。

今回は、日本を離れる2人の送別会。

皆それぞれ、それぞれの道で頑張っていて、それも大きな刺激になるものです。

でも、またね!!!と皆笑って言い合える関係というのはとても素敵。

そして、同じ場所で出会った旦那さんとの間に授かった新しい命の事も、皆とても喜んでくださって、嬉しかった。

こんな風に年に何回かでも、いつまでも皆で集まってワイワイ出来たら良いな〜♪と心から思う。

何より、素晴らしい作品を通して出会えたこのご縁に改めて感謝!!

また、赤ちゃん産まれたら皆に報告しなければ。

The Show Must Go On!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

DSCF3401 300x225 The Show Must Go On

 

 

コメントを残す

(required)

There aren't any comments at the moment, be the first to start the discussion!