物思いにふける

出産予定日まで1ヶ月をきった。

スイカを丸ごと入れた様なお腹。夜は苦しくて横にしか寝られない毎日だけれど、出産終ったら、まずうつ伏せに寝たいと妄想を広げている。

いつ、赤ちゃんが出て来てくれるのだろうと思いながら、何だか最近は物思いにふける事が多い。

時間が沢山あるからかもしれない。

昨日、ふと思い出して10年くらい前に毎日書いていた日記を読み返してみた。

ある友達からの24歳の誕生日プレゼントで貰ったノート。その頃の私はリスボンでダンスの仕事をしていたけれど、カンパニーでの仕事は自分の望んでいた様なものでは無くて、一番キツかった時期かな〜と今でも思い出す。

でも、素晴らしい友人に出会う事が出来たし、苦手なものを克服するチャンスはそこで得たし、何よりもとても良い人生の経験となったな〜と思い出す。

日記を見返してみると、毎日自分を一生懸命に励まし、今ある状況をどうにかポジティブにとらえようとして、何度も何度も両親や友人への支えへの感謝の言葉が出て来ていて、なんとか腐らない様に自分を持ち上げていたのだな。と関心してしまう。

でも、その努力はやっぱりどこかで必ず道を作ってくれて、自分がどうしても入りたい!とずっと願っていたカンパニーへは、とあるコネクションがつないでくれたし、コントラクトは貰えなかったけれど、アシスタントディレクターの人は私を一生懸命ディレクターに推してくれようとしてくれた事や、素晴らしいダンサー達を見ているその人が自分の事を良いダンサーだと言ってくれた事がどんなに自分にとっての自信になった事か・・。残念ながらカンパニー自体がなくなってしまって、その後チャンスは巡ってこなかったけれど、本当に素晴らしい経験となったのだった。

一番辛い時期に頑張る気力をくれた大きな出来事だったし、素敵なダンサーは人間的にも素敵な人ばかりだとつくづくそのカンパニーに触れる事で感じたものだった。

その頃、自分の働くカンパニーの施設に住んでいた私は、時間がある時には一人でスタジオにこもって、ひたすら苦手だったインプロを色々な音をかけて踊っていたものだった。そのお陰で、インプロをする事や、創作をするという事に興味がいく様になったし、何よりも目標としていた次の仕事もそれでGETしたようなものだし、やっぱりあの苦い思い出の期間は、そうすてたもんじゃないとつくづく思う。

なぜ、今一番大変だと感じていた時期を振り返っているのかは分からないけれど、これから子供が産まれ、大きくなって子供が何かに煮詰まった時、この話をしてあげたいな。と思ったりしている。

10年たっても、日記に書いてある自分の字を見ると、鮮明にその時の気持ちが蘇って来るようで不思議だった。

今は毎日日記はつけていないけれど、その分心に余裕がある様な気はしている。

ノートに日記を書き留めるという事で、後にも残るそのノートにネガティブな事は書かない様に自分でしていたのだと思う。そうしていないと、もしかしたら心まで折れてしまっていたかもしれない。

時々出てきていた「日本に帰りたいな。」「日本の友達と話したいな。」「家族に会いたいな。」

でも、その後には必ず、「でも、今は自分の目標を手に入れられる様にココで頑張るんだ!」と自分を励ますその言葉はなかなかカッコ良く、今若かりし頃のあの気合いを感じれた事はとても刺激になった。

10年も前と考えると、長いようであっという間!!

これから、自分も自分の子供もどんな人生を歩んでいくのかな。でも、いつでも10年前のあの時の様な気持ちは大事にもっていたいな・・・と思うのでした。

 

甥っ子達を連れて行った自然の中のアスレチック。1 e1381754705212 225x300 物思いにふける

これからが楽しみな子供達!!子供は未来の宝です!!!!

 

コメントを残す

(required)

There aren't any comments at the moment, be the first to start the discussion!