Fado とワインとダンスの夜

IMG 3859 225x300 Fado とワインとダンスの夜3月25日(土)、初の試みとなるFado とダンスのコラボレーションパフォーマンスを開催。

大好きな素敵なファディスタたくさんのFadoを聴きたい思いと、最近色々な機会を通して、どうして自分は日本にダンスの活動拠点を移したのかを改めて思い出す様な機会もあった事で、自分が本当にやりたかった事をこれからは形にして行きたいという思いから、お客様ととても近い距離でのパフォーマンスを実行する事に。

日本に帰国してから直ぐ、お客様との距離感が近いものを何度か企画実行していたけれど、その時と今で大きく違うのは子育て中であるという事・・・。

子供を産む前には、企画の前には四六時中その事を考えたり、色々な事を掘り下げて考えてみたりという時間が取れたけれど、今は限られた時間の中でそれをしなければいけない。

自分でも一番驚いた事は、本番当日たくさんとの打ち合わせギリギリまで、家族の為にカレーやサラダをこしらえたりしていたのに、会場で限られた時間の中でパフォーマンスモードに切り替える事が出来る様になっている事は、大きな進化だと思ったりする。

特に今回のコラボは、Fadoという歌の中に沢山の意味のある言葉が含まれている音楽で踊るという事で、どうしてその歌で踊るのか、どうしてその動きをするのかを慎重に考える必要があった。

けれど、意味がある言葉達だからこそ、今の自分の人生の経験があらゆる場面で現れるのではないかな・・・という思いもあった。

正直、今に至るまでFadoで踊るには人生の経験が足りない様な気がするという思いもあって、どうしても一歩踏み切れなかった所はある。

人生や運命、愛や故郷の事、様々な哀愁・郷愁を歌うFadoで踊れる自信が無かったのだと思う。

薄っぺらいものになってしまいそうな気がして・・・・

けれど、今回Fadoで踊りたい!と思い実行出来た事は、パフォーマンスの寸前であってもカレーを作ってあげたいと思う家族の存在があってこそだと心から思った。

彼らと一緒に感じた様々な想いや、様々な経験が今の私を創っている。

きっとポルトガルにいた頃の自分と今の自分、随分違うのだろう。

様々なご感想を頂いて、自分の表現したかった事がきちんと伝わっていて嬉しかった。

今後も手探りしながら、この活動も続けていけたらと思います。

どうぞ宜しくお願い致します。

心落ち着けるもの

ここ最近、バタバタしていた。

ヨーロッパで踊っていた時、来年の今頃はどこにいるのかな・・・?と、一年後の自分がどこでどうしているのか想像出来ない事は多かった。

私はフリーランスとして踊っていたから、仕事の合間にオーディションを受けて次の仕事をGetして・・・というような仕事のスタイルだったけれど、先が読めない生活はなかなかスリリングなものであった。

ここ数週間の間に似た様な出来事があり、私1人であれば何て事ないのだけれど、息子の事も考えると色々と不安になり精神的にかなりのストレスがかかっていたようであった。

ある決め手の出来事があって、家族の身の振り方を決めて、やっと精神的に落ち着いた所で、やはりストレスは後になってから身体に出てくるもの。

実家に数日帰り、東京に帰るという朝、今まで感じた事のない様な右腹部に痛みが!!

押しても痛い。何もしてなくても痛い。何かがおかしい。

母に足を出しなさいと言われて足を押してもらった。

すると、どうやら全く腸が動かなくなっていたようで、揉んでもらって間もなく「ぎゅるるるるる〜〜〜〜〜〜」と腸が動きだし、あっという間に右腹部の痛みがなくなった。

そして、腸に溜まったいらないものを沢山排出。

その後、母もお腹を下したらしく「あなた、相当腸が動かなくなっていたよ。」と自分の身体が受けていたダメージを思い知る。

人の身体というのは本当に正直。自分がどんな状態であったか、意外とその最中には気付かないもの。

不安な要素が無くなった時、心身ともにリラックス出来る様になった時はじめて、身体がその時の状態を示してくれるような気がする。

その時に身体をどうメンテナンスするかで、その後身体が受けたストレスが溜まったまま身体から動けなくなってしまうという事があるのではないかな・・・と思う。

そうしてそれが、癌などという形になってしまう事もあるのではないかと思う。

今回の自分の体験で、やはり人を蝕んでいるのは「ストレス」な気がした。

ストレスを無くす事は不可能だけれど、ストレスを感じた身体をその都度手入れしてあげる術を知っているだけで、病気になる人はとても減る様な気がする。

手入れの方法は色々。

足を揉むのも勿論、自分の好きな事をしたり、好きな音楽を聴いたり、美味しい物を食べたり、読みたい本を読んだり、歌を歌ったり・・・・

自分の身体が、自分の細胞が喜ぶ事をしてあげる事はとても大切な事だと思う。

前に書いた、家族の身の振り方を決定して直ぐ、ずっと聴きたいと思っていたポルトガルのFadoのコンサートを企画した。

私にとって、ポルトガルという場所は特別な場所。

何か自分の節目に必ず思い出すのは、ポルトガルで過ごした特別な時間の事。

ポルトガルで出会ったファディスタの高柳卓也さんを迎えて、Fadoとポルトガルワイン、そして私もFadoで少し踊らせて頂く時間を企画した。

TAKUさんの、リスボンの町並みが目に浮かんでくる様なお話、そして素敵なFadoは、まるでリスボンの街でFadoを聞いているかの様な気持ちになる時間。

是非、皆様にも私の大好きなポルトガルを、そして私の大好きなFadoを聴いていただけたら・・・と思います。

Window 225x300 心落ち着けるもの

 

 

 

「Fadoとワインとダンスの夜

ポルトガルの民族歌謡Fado。
日本を代表するファディスタ高柳卓也さんをお迎えし、Fadoを聴きながらポルトガルワインを楽しむ夜。
ポルトガルのコンテンポラリーダンスカンパニーで踊っていたダンサーがFadoに合わせて踊る時間も…
哀愁漂うFado。
ポルトガルのFado酒場を再現した贅沢空間で、間近にFadoを感じて頂けるはずです。

日時: 2017年3月25日(土) 19:00開演
会場: アトリエハコ
東京都杉並区 西荻南3丁目8−19 3F
チケット: 前売¥3500(1ドリンク付)   当日¥4000(1ドリンク付)

  定員: 30名

出演: Fado 高柳卓也(www.fadotaku.com)
Dance 前澤香苗(www.kanaemaezawa.com)

人は鏡

IMG 3374 300x225 人は鏡最近の息子の変化で、「人は鏡」とは本当だな・・・と感じる。

昨年の夏の終わり頃から、息子と上手くいかない事が多かった。

自分もイライラしていたし、息子は「しないで」という事ばかりするし、お友達にも意地悪を言ったり、息子の中で何か自分がどうしても許せない事が起きたりすると必要以上に暴力的になるような気がしていた。

3歳になる少し前の時期的なものもあったのかもしれないけれど、息子との生活にノイローゼになりそうだと思う事もあった程。

夏の間は結構私自身も自分の勉強の為に息子には我慢させてしまった所も多々あり、その後ダンスのリハーサルがあったりと息子には大分協力してもらっていたのは確か。

そんな事もあって、秋頃からプレ幼稚園に行く事も嫌がる様になり、私が傍についていないと何もしたくない。というような状態になってしまって、また困ったものだった。

色々息子に負担をかけてしまった分、今度は私が息子の好きな様に出来るように合わせる番だと、出来るだけ息子の好きなように時間を過ごす様にした。

家で遊びたい時には家で遊び、やりたくないという事は無理にはやらせない事にした。

一番の大きな出来事は、3歳児検診での出来事。

何か相談がある場合、個別に子供を遊ばせながら保健士さんに相談ができるとの事で、何か自分にとって許せない事がある時に暴力的になる事や、私が傍に居ないと色々な事を出来なくなってしまった事などを相談した。

保健士さんは、色々な話を聞きながら、息子を観察しながら、とても嬉しいアドバイスを下さった。

息子が今までにしたある行動や、息子がその時に言った言葉などを通して、保健士さんは

「この子はとても頭の良い子だと思いますよ。お母さんが色々な事を言わなくても、ちゃんと自分で観察して色々分かっています。あまりお母さんが色々言い過ぎると、自分の中でこれはしてはいけない!というルールをつくって、窮屈になってしまうかも。お母さんは、良い子だね〜。すごいね〜。と、彼がリラックスさせてあげるようにしてあげるだけで、彼は良い子に育って行くと思いますよ。」と。

保健士さんの話だと、初めての場所などで緊張している場合、膝立で座ったときなどに足首に力が入って、足の甲の部分が床から浮いていたりするのだという。

その足を見て、「ほら、ちょっと緊張しているから、少し触ってあげて、大丈夫だよ。安心して遊んでいいんだよ。と声を掛けてあげるだけでも安心しますから。」と話してくださった。

最後に「この子は上手に育ててあげたら、日本をしょってたつ様な人になるかもしれませんよ。」なんて言って頂いて、悩んでいたのに、そんな事を言って頂いただけでもとても勇気づけられた。

そして、それから私は、最低限のお行儀と礼儀などをのぞいては、出来るだけ息子を褒める事にした。

少しの事でも、「すごいね〜!」「偉いね〜」「ありがとう」と伝える事にした。

寝る前には必ず「えいちゃんの事が大好き。私の宝物だよ。かぁかとこぅこの所に来てくれてありがとう。」と言って寝る様になった。

すると少しづつ、息子も変わって来て、今までは「いや!だめ!!」が多かったのに、「いいよ。」という事が多くなった気がする。

何と言っても、2人で笑っている時間が本当に多くなった。

そして、今日また大きな変化があった。

ここ何度かはプレ幼稚園で別れる時に大泣きだった。「バイバイしない!!」となかなか離れず、最終的には先生に抱っこされて連れて行かれる・・という感じで、迎えに行くとニコニコ笑っているのだけど、離れている間も、どうしても私とでないとトイレに行かない。と断固としてトイレに行かなかったのだそう。

先週プレ終わりに、私と先生と息子3人でトイレに行ってみた。

そして、先生と一緒にトイレに行けた事を沢山褒めた。

すると少し自信になったようで、今日はバイバイするときも全く泣かず、先生とトイレに行ってオシッコ出来たのだそう!!

そして、お迎えに行ったらニコニコ嬉しそうに「今日先生とおトイレ行けたよ!」と教えてくれた。

私も嬉しくて嬉しくてニコニコ。

プレ後も幼稚園のお友達達と仲良く遊んで、と〜っても楽しそうだった。

少しの気の持ち方で、こんなにも人は変わるのだな。

きっと、一番変わったのは私なのかもしれない。

息子を通して、自分が「こうでないといけない!」という固定概念を作ってしまう事を変える事が出来る様になったような気がする。

息子のお陰で、自分の知らない自分に出会えた。

3歳の先生に育てられています。

人は本当に鏡。

気付かされる事ばかり。

 

65日終了

IMG 3371 225x300 65日終了最近の息子のひらがなの習得がめざましい。

お風呂に貼ってある、おさるのジョージの「あいうえおひょう」を読むのは好きだったけれど、いつの間にかほとんどのひらがなを読めるようになっていて、今年の正月に購入して何度か遊んでいる「犬棒かるた」は、文字だけのカードも最初の一文字はほぼ言えていてビックリ!

3歳児の脳みその柔らかさ、見習いたいものです。

さて、私は65日の目標を無事に達成。

11月より65日間、外泊禁止、22時55分までに家に帰る。を続けていた。

これを実行するきっかけは、「吉祥寺の母」からのアドバイス。

11月の自分の誕生日に落ち込む事があり、そして、そんな時人は何かにすがりたくなるもので、ふと、「吉祥寺の母」の存在を思い出したことがきっかけ。

父がこちらに来ていて、息子と3人で吉祥寺へと行った時、ちょっと行ってみたい!と足を運ぶと、誰もいない狭い店舗に「御用の方は電話を下さい」の文字。

これは入りやすいな!と、父に息子をお願いし、電話して見てもらった。

その時既に、落ち込んでいた事は解決していたけれど、今後の事、色々聞いてみたいと思った。

主に、自分のこれからの活動の事などを聞きたかったのだけど、その旨を「吉祥寺の母」に話すと

「仕事運も家庭運も、全て今自分の居る場所に根をしっかりはれているかで決まるのだ!」とのこと。

最後に65日寝泊まりしていた場所はどこだ言われ、ハッとしたのは、栃木の実家から東京に越して来てから、65日以上(約二ヶ月)の間こちらの家にいた事が無かった!!

ちょっと帰れる場所だけれど、日帰りだと勿体ない程度の位置関係の為、帰れば泊って来てしまう。

1ヶ月に一回は帰っていた感じだったので、私の根は栃木にあるままだと吉祥寺の母は言う。

これからの事を考える時、まず、栃木から東京に根を張るのに良い時期というものがあり、間違った時期に間違った方向へ木を植えると木が枯れてしまう様に、良い時期に良い方向へ根をはる事で、物事が全て上手く進むのだという。

そしてその逆も・・・

間違った時期に、間違えた方向へ根を張れば、何事も上手くいかなくなるのだ・・・と。

栃木から見ると、今私が住んでいる方向は南。

私にとって南に根をはるのに良い時期を見ると、丁度落ち込む出来事があった自分の誕生日から12月初めまでだと言われる。

その後、南の方向が良い時期を見てみると、5年以上南に転居するのに良い時期が無かった。

会社を建てる人や、大きな仕事などをしている方などは、もし良い時期が近くになかった場合、まず良い方向へ転居して65日以上をそこで過ごし、その後また良いとされる方向へ転居し直したりするのだという話を聞いた。

話を聞きに行っていた丁度その時が、まさに栃木から東京に転居するのに良いタイミングであった事に、吉祥寺の母も

「あなたは神様に守られていると思った方が良い。良い時期が残っていただけ本当にラッキーだった」と言われた。

「ピッタリの時期にしっかりと根を張ってご覧なさい。宇宙の力や様々なエネルギーを得て木は大きく育つから!物事が全て上手くいくから!」と。

木を植える時期を間違えると木が枯れてしまう事、ピッタリの時期に木を植えれば、木は真っすぐ大きく育つのだという説明に、妙に腑に落ちた私は、騙されたと思って65日間外泊禁止、22時55分までに帰宅するというミッションをやってみる事に。

その為、年末年始も静かに家族3人で過ごした。

年末年始の挨拶をどちらの実家にも行けない事は心苦しかったけれど、両家共に喪中であった事も不思議なタイミングであった。

65日間の間、色々な事もあったけれど、吉祥寺の母が言っていた「根をはる」という意味が少し分かった様な気がする。

つい先日、無事に65日間の根張り時期を終了。

しかし、吉祥寺の母の話によれば、ピッタリ65日ではまだ根が安定しないから、1・2週間多めにみるといいというので、きりの良い2月3日までは続けようと思っている。

その後は、久しぶりにゆっくり実家に帰る予定。

そして、とりあえず目標の65日を終えて直ぐに風邪を引き、鼻水、咳とデトックス。

もう少し、頑張ります!!!

2017年

DSCF4046 225x300 2017年喪中のため、新年の挨拶は控えさせて頂きますが、今年もどうぞ宜しくお願い致します。

2017年、皆様にとって素敵な年となります様に・・・。

昨年は、今まで漠然としていたやりたい事が大きく範囲を広げ、様々な出会いを通して自分のやってきた事と、これからやっていきたい事が少しづつ線となって繋がって来たような気がしています。

2016年は学びの年でした。

東京文化会館でのワークショップリーダー育成プログラムに参加させて頂き、ポルトガルの講師陣達から得たものは本当に大きく、音楽やダンスのジャンルを超えた人と人とのコミュニケーションを考える大きなきっかけを頂きました。

そして、毎月続けていたセルフボディケアWSもより充実したものに出来るよう、毎月の身体の中の働きや陰陽五行の事などをプリントにする事で、自分自身の勉強にもなりました。

そして、WSでの勉強、施術を受けていらっしゃる方達の身体の変化を通して、人間の持つ計り知れない力を見せて頂きました。

官足法友の会の認定講師講座にも参加し、無事に官足法友の会認定講師にもなりました。

そして、この様々な出来事を通して、また心から踊りたい!!!という気持ちが湧いて来て、どうして人前で踊るのか?

参加して頂いた方達に何を伝えたいのか??

そして参加する事で、どんな事を持って帰って頂きたいのか??を考え、今までにやった事がないようなタイプの参加型パフォーマンスを実行しました。

様々な場面で、家族の協力があって出来ているな・・・と感じ、感謝です。

そして、自分が充実感を持って何かに取り組んでいる時、息子がとても協力的であるという事にも気付きました。

彼には何でもお見通しです。

自分の気持ちに正直にいる事の大切さを教えてもらいました。

2016年はインプットの年だった様な気がします。

2017年はアウトプットの年にして行きたい!!!!

私の本当にやりたい事に挑戦するダンスの場「表現の部屋」は2月か3月にVol.2を開催したいと思っています。

セルフボディケアWSも引き続き、毎月第3木曜日、第3日曜日に開催です。

踊りたい気持ち満々ですので、インプロセッションなどのお誘いも是非お気軽にお声掛けください♪♪♪

今年は沢山踊りたい!

ご縁を大切に,感謝の気持ちを忘れずに日々精進したいと思います。

改めまして、今年もどうぞ宜しくお願い致します。

香苗

本当のこと

IMG 3159 225x300 本当のこと最近、本当に色々な事を考える機会があった。

まず、祖母との永遠のお別れをした。

祖母は94歳まで生き、最後まで歯は全て自分の歯だった。

色々あって、80歳過ぎてからおじいちゃんと2人、私達両親の近くで暮らした。

最初は施設などに入らず、実家の近所に暮らしたおじいちゃんとおばあちゃん。

私がヨーロッパから帰って直ぐの出来事で、役所に連れて行ったり、買い物に連れて行ったり、時には外食をしに連れて行ったり・・としていたけれど、段々と弱って行く姿を見る事は正直辛い所もあった。

施設に入ることが出来て直ぐ、おじいちゃんは息を引き取り、その後おばあちゃんは施設の独り部屋で暮らし、楽しそうに暮らしていた。

歌が大好きで、コーラスでもソプラノを担当していたおばあちゃん。

ある年の施設での納涼祭では、おばあちゃんの歌う歌で踊りを踊った。

その事をおばあちゃんはとても喜んでくれて、施設の人も皆良く覚えているよ!と嬉しそうに話す姿を見て、良い思い出が出来て良かったと思ったものだ。

そんな元気だったおばあちゃんだったけれど、数回危篤状態になった事がある。

もう最後かもしれない・・・という所からいつも復活していたおばあちゃんだったけれど、最後のお別れの前にはどんどん表情がなくなり、あぁ、本当に最後に向かっているのだな。と感じたものだった。

赤ちゃんは最初に泣いて生まれ、そしてまず笑う事が出来る様になる。

でも人は亡くなって行く時、笑う事が出来なくなっていくのだという事を教えてもらった。

眠る様に亡くなったおばあちゃん。

正直、人が最後に向かって行く姿を傍で見るという事はとても辛い事だと思う。

けれど、そうして巡り巡って次にバトンを渡しているのだという事を実感した。

色々な事を理解し始めている息子は、おばあちゃんの葬儀で沢山の事を感じているようであった。

どうして私が泣いているのか、そして血の気がなくなったおばあちゃんの姿が人形に見えていたり、おばあちゃんが骨となり、その骨を皆でお骨に入れるという行為を目の当たりにして、全部を理解していないとしても、彼なりに感じた事があったようで、今でもおばあちゃんの話を時々する。

人の別れというものは、何か大きな気付きを与えてくれている。

おばあちゃんの死を通して、様々な事を考えるきっかけを与えてもらった。

その後、心許せる大切な友人と食事をした。

その時、自分のこれからしていきたい事を話すと、友人はやはり同じ様な想いや同じ様な価値観を持っていて、その時間が楽しくて楽しくて仕方がなかった。

心がウキウキして、やりたい事が沢山頭に広がって、思い出してもニヤニヤしてしまう程の充実した時間だった。

そんな友人との食事を通して、今の自分がやるべき事、そしてやりたい事、選ぶべき事がとても鮮明になった。

今の私は、やはり息子の存在は切っても切り離せない存在であり、やはり彼の事が一番に頭に浮かぶ。

けれど、自分がどうしても本当に心からやりたい事があった時、彼はその事を感じ取る。

そして、一生懸命私に協力しようとしてくれる。

言葉だけではなく、身体や目や、私を取り巻く雰囲気から、自分がそれに協力するのかそうでないのか決めている様な気がするのだ。

実際に、以前息子を長い時間両親に預け、どうしても参加したいWSに参加する為にお留守番させた事があったのだけれど、その時彼はとても協力してくれた。

母は、息子が頑張って私に協力しようとしているその姿を見て、切なくなった程だったと話してくれた。

彼の協力無しではとても全日程参加する事は出来なかったけれど、そのWSに参加した事は自分の中で本当に自分のやりたい事に気付く大きなきっかけとなった出来事だった。

そして、そこでの出会いもまたとても素晴らしいものとなり、今また新しく動き出そうとしている。

おばあちゃんの死を通して、子供や親との繋がりの事も深く考える機会となったけれど、息子は私の鏡だという事にも改めて気付かされた。

この文字を書きながら、「そうそう、そう思ってたのね。」と自分で自分の気持ちを再確認している部分があるけれど、私自身が自分の気持ちに素直に行動している姿を見ていたら、息子も自分の気持ちに素直に選択して行ける様になるのではないかと思う。

けれど、やっぱり人は1人で生きている訳ではない。

自分の本当の気持ちを大事にしつつ、回り道や不本意な事があったとしても、その時出来るベストに挑戦して行かなければならないな。と思うのである。

これからの自分の未来、本当の自分の気持ちを大切にしながら、歩んで行けたら・・・と思った。

ついつい息子に口うるさくなってしまっているけれど、この言葉を書きながら、息子をもっと信じ、私自身がブレる事なく過ごしている姿を見せるという事の大切さをまた感じた。

本当の自分の気持ちをいつも傍に置きつつ、沢山笑って、沢山喧嘩して、沢山お話しして、そんな様々な事、様々な気持ちを通して、新たな気付きが生まれるのかもしれない。。

けれど、これってやっぱり1人では出来ない事ばかり。

一緒に笑える人も、一緒に喧嘩出来る人も、一緒にお話出来る人も、自分の本当の気持ちに磨きをかけてくれる、かけがえのない存在なのだな。

と、沢山の人にありがとうです。

真実は小説より奇なり・・・

今、母の足揉みによって奇跡の様な回復をなさった方達の体験談をまとめている。

様々な症状を持った方達が、母と出会って足を揉む様になり、身体が良くなって行くまでの体験談。

その体験は、どの体験を見ても感慨深いものがある。

身体が良くなる・・・・といっても、数週間、数ヶ月で良くなるものではない。

症状が出る程までに進んだその状態が良くなるまでには、年単位での期間、施術を受け、勉強をし、自分でもケアをし・・という時間を過ごされ、その時間の中では良い状態の時もあれば好転反応が出たり、なかなか良くなっていないのでは?と感じる様な時間があったり、皆さん一直線で良くなっていくというものではない。

そんな紆余曲折ある中でも、やはり母を信じ、自分を信じ、時間をかけて確実に動いていた方達は本当に良くなり、身体の状態だけでなく人生の様々な巡りも良くなっている。

真実は小説より奇なり・・・というけれど、それぞれが体験した真実のドラマは、やはり感動してしまう。

これを、皆さんに読んで頂けるような形に出来る様に!!と念じながら、とにかく全部完成させたいと思います。

ご協力頂いている皆さんに感謝の言葉を頂き、自分のしようとしている事が体験者さん達が自分の事を振り返るきっかけとなり、その体験談を通して何かを感じる方達がいらっしゃる事って、とても上手く循環している気がするな。と思いながら、あともうひと体験談、頑張って書き終えます!!

 真実は小説より奇なり・・・

大切な時間

IMG 3033 225x300 大切な時間先日、ポルトガル時代の友人が家に遊びに来てくれた。

一緒に夕飯を食べ、息子を早く寝かせて色々な話ができて、嬉しかったし楽しかったし、刺激を沢山頂いた。

色々な事を経験する事が出来たポルトガル生活。

嬉しい事も、悲しい事も、大変な事も沢山あったけれど、本当に充実していた日々を知る友人との会話は、本当に充実した時間に・・・。

昨日は、息子をお昼寝無しで早く寝かせ、大切な友人達と、ワインを囲んでとても良い夜の時間を過ごす。

中学・高校という多感な時期を共に過ごした友達は、やはり何か特別な時間を感じるもの。

中学生の頃、めっちゃ持ってたトロール人形にテンション上げながら、気持ちよく酔っぱらった♪

最近、色々な事があって心身共に疲れていた私。

友人との話でも感じたけれど、世の中っていうのは本当に繋がっていて、悪い事は出来ないな。と思う様な人の繋がりを感じる最近。

やはり、真面目にコツコツやっていく事は大切な事!と再確認するような機会になった。

しかし、最近あった出来事を通して、ずるいやり方をする人がいるのだという事に軽くショックを受けた。

色々な事を知らないという事は怖い事だと思う。

私が母の為に製作し(手書き)商品となっているある物を無断でコピーされ、しかも利益を得ているイベントで配られていた。

そうして既に商品として売られている物を無断で複製する事が当たり前に行える事にまずビックリしたけれど、その事が発覚して無断複製していた方に連絡した所、逆切れといえるような反論、そして新たに他に無断で私の製作したイラストが営利目的のHPに使用されている事が発覚。

このHPの人はお金でも払っているのか?という事で、リンクを送られて分かった事。

また更にショックを受けた。

そのHPについては、関係者の方が連絡を取ってくださるとの事で、著作権侵害にあたるということで、早急にそのイラストを削除して頂くよう連絡して頂けることに。

けれど、結局最終的に、最初に無断複製、無断使用を行った方は連絡を絶った。

なんと非常識な!!と思うけれど、そんな出来事を通して真面目に、真摯に、誠実に居る事を改めて考える。

友人達との会話でもそんな会話があったけれど、やはり誠実に動いていれば、必ず大きなものを手に入れる事が出来るということは、周りを見ていれば分かる。

やはり、着実に積み上げられた物にはかなわない。

色々な出来事を通して色々な事を感じ、色々な感情を持って身体も反応しているけれど、嫌な出来事も自分のプラスに変えれる様に自分をしっかりもたねば。

ここに書こうか迷ったけれど、自分の中で消化されはじめたから書いておこうと思う。

友人達との大切な時間で消化する事ができた。

感謝。

 

 

 

また一つ・・・

また一つ、年をとりました。

息子を産んで以来、誕生日という日はお母さんが一番頑張ってくれた日だな。と思う様になった。

自分の誕生日こそ、お母さんに感謝の気持ちを伝える日。

それなのに、今年の誕生日は朝から母に心配をかけてしまった。

本当はありがとうを伝えなければいけないのに・・・。

まだまだ心配ばかりかけてしまって、駄目な娘でございます・・・。

逆に息子の誕生日の事を考えると、一年に一回の特別な日に何をしてあげよう・・と色々考える。

息子が産まれた日は、息子に初めて会えた日。

無事に産まれて来てくれてありがとう。お母さんにしてくれてありがとう。

そんな気持ちを何か改めて伝えられる日かな。と思っている。

息子にとって、良い一日にしてあげたいと心から思う。

とんだ心配をかけてしまった私の誕生日。

息子から、素敵なプレゼントをもらった。

それは、とてもたくましく心強い言葉で、私は感動して涙がでてしまった。

落ち込んでいた私に息子は私にむかって「かぁか、ぼくが守ってあげるから」と。

感動して涙すると、「泣かなくても大丈夫だよ。ぼくがいるから。」と。

こんなカッコいい事を言える様になったのか!!!??!?

子供はすごい。

子供の愛はすごい。

息子よ、ありがとう。

そして、お母さん、ありがとう。

そんな誕生日でした。

IMG 2899 225x300 また一つ・・・

 

柔らかく・・

IMG 2891 300x225 柔らかく・・

身体も、柔らかく産まれて足から段々固くなってきて、最後には固まってこの世を去る。

頭の中も、柔らかく産まれ、段々と固くなってしまうのだと思う。

先日、道路に落書きが出来るというイベントに参加した。

息子は自分で書くよりも、完成したものを見たがる。チョウクで道路に落書き出来るという絶好のチャンスにも関わらず、絵が上手なじぃじの書く絵をじっと見て完成を待つ。

私や旦那さんやばぁばも書いているのに、息子は自分の好きな青色のチョークを持ってはいるものの、全く書こうとしない。

でも、それでも全然良いのだ。彼は書いているのを見るのが好きで、そこから確実に何かを感じている。

「ゴードンが消えちゃうよ・・・」となかなかゴードンの傍から離れなかったし、家路についてもずっと「ゴードン消えてない?」と何度も何度も聞いて来て、道に書いたゴードンへの愛はそれはそれは大きなものとなった。

数日たった今でも、道路に描いたゴードンの事を口ずさむ。

彼の持つ感性を、上手く伸ばしてあげられる様に私も柔らかくいなければな・・・と思った。

先日、地元でのセルフボディケアWSがあった。

本当に人の身体というのは良く出来ていて、続けて参加なさっている方の良くなり方ははっきりと目に見える形になって現れている。

自分の身体、そして心を柔らかく在る為には、やはり血の巡りを良くさせ、廻っていなければいけなものをしっかり巡らせる事が大切だと感じる。

WS後のお茶会の中でもこんな話が出たけれど、自分が良い状態の時には必ず良いものが自分の周りに集まって来る。

でも逆に、自分の状態があまり良くない時というのは、ことごとく物事が上手く運ばなかったり、人とモメてしまったりしてしまうものだから不思議。

そんな波にも、「あぁ、今自分良い状態だな」とか、「あぁ、今調子悪いんだな」と感じ、柔らかく自分の身を置ける事って大切な気がする。

私は、調子が悪いと感じると、出来るだけ声を出す様にしている。

最近は息子が寝た後の1人カラオケ、そして1人で大好きなワインを飲みにいく事で、頭も心も少し柔らかくなれる。

頑張るだけが良い訳ではない。

自分が柔らかく居られる術を持つ事は、とても大切な事な気がしてならない。

 

セルフボディケアWS@アトリエハコ

2016年11月17日(木)am10:30~13:00

11月20日(日)am10:30~13:00