本物に触れる

先日、息子の通う幼稚園で絵本の原画展があった。 毎年行われている原画展。 原画展には絵本の原画が展示され、本をお描きになった先生に来て頂いて、お話を聞ける会が開かれる。 保護者も参加する事が出来るので、参加させていただい … Continue Reading

偶然にも・・・

本日、地元の新聞「下野新聞」に著書「病気のサインは足裏で読む」の記事を載せて頂きました。 実は、今日は父が大動脈瘤破裂で倒れ、心臓を止めての大手術をしてから丸6年の日。 6年前の今日、父の心臓は一度止まり、再び生き返った … Continue Reading

Professional

先日、著書「病気のサインは足裏で読む」を創るに辺り、多大なご協力を頂いた幻冬舎の編集者さん、イラストレーターさん、ライターさん達と少し遅れたランチ打ち上げがあった。 新宿の高いビルから東京の町並を見下ろしながらの、1つの … Continue Reading

流れにのって・・

春の土用が今日から始まった。 今年の春の土用の入りは4月17日、そして5月4日に土用が明ける。 土用の時期には引っ越しや土を掘り起こす作業をしてはいけないと言うけれど、体調を崩しやすいこの時期に大きなエネルギーを持った土 … Continue Reading

「女性自身」に紹介して頂きました。

4月10日(火)発売の週刊誌「女性自身」で、3ページにわたって著書「病気のサインは足裏で読む」についてご紹介頂きました。 「病気のサインは足裏で読む」が出版されて間もなく、女性自身の記者の方からご連絡頂き取材を受ける事に … Continue Reading

3.11から7年

7年前の3月11日、私は栃木の実家で足揉みのお客さんと母と、まだ子犬だった愛犬を囲んで談笑していた。 突然の揺れで、お客さんが「大きな窓を開けておいた方がいい!」と言ってあわてて大きな両開きの窓を開けた事は鮮明に覚えてい … Continue Reading

「病気のサインは足裏で読む」

いよいよ、沢山の人のご協力のもとに出来上がった1冊の本が全国書店に並ぶ日も近づいて参りました。 配信OKがでましたのでこちらに載せさせて頂きます。 老若男女、様々な症状が足揉みによって回復なされた方達の体験談を通して、足 … Continue Reading

一年の集大成

先日、息子の通う幼稚園で「ひなまつり会」という生活発表会があった。 年少さんはお雛様に変身し、歌と合奏を。年中さん・年長さんは劇を披露する。 今通う幼稚園の説明会に行った時、幼稚園の理念に強く惹かれて「ここに行かせたい! … Continue Reading

炎上

今、のぶみさんの「あたし、お母さんだから」という歌の歌詞に批判が集まっているらしい。 ある雑誌で、のぶみさんの書いた「神様」についての短い漫画がとても腑に落ちる様な表現で好きだったけれど、その後子供の絵本を書いていると知 … Continue Reading

ジェローム・ベル「Gala」

ジェローム・ベルの「Gala」を観劇。 ジェローム・ベルの作品「The Show Must Go On」に出演させて頂いてから早6年。 ジェローム・ベルとの出会いは私の人生を大きく動かしたと言っても過言ではない。 パリに … Continue Reading