profile profile

1988年: 藤田恭子師の元でクラシックバレエを始める。
1999年 9月: Performance Year(スイス・チューリッヒ)に留学し、バレエ・コンテンポラリー・ジャズ・コンタクトなどを学ぶ。
2003年 8月: Companie de Danca de Lisboaと契約(Portugal, Lisboa)全公演出演。 国内ツアー、海外ツアー(ブラジル・アフリカ公演など)に参加。
2004年 8月: ソロ即興ダンスパフォーマンス(L’AUTRE MELSON西の洞にて)
9月: Kamusuna Ballet Companyと契約(Portugal,Lisboa)全公演出演
2005年 3月: Kamusuna Ballet Companyに所属しつつ、<National Ballet School of Portugal>にてCesar August Monizのアシスタントとして、最終学年の振付アシスタントを務める。
2006年 7月: Ballet Theatro Contemporaneo do Portoと契約(Portugal, Porto)ダンスピースにダンサーとして・ショートムービー[Dido e Eneais]において Dido役で女優として参加。同作品は国際映画フェスティバルにて好評を得る。
2007年 6月: 一時帰国中に、即興ダンスパフォーマンスin小野口邸(国登録重要文化財・ 長屋門ギャラリー・栃木県・田野町にて)企画・出演。(共演:前田紀和、今津雅晴)後援:大谷石研究会
7月: Companie Rui Lopes Gracaと契約(Portugal,Lisboa)全公演出演。新聞Publicoにて、Jacome Filippeと躍ったデュエットを「作品の中で、一一番の見せ場であり、テクニック・感情表現共に模範的なWorkであった」と評価を得る。
12月: Ceser August Monizの作品「Travao」のツアーにゲスト参加。 (Luxemburg:Theater D’Esch)
2008年 2月: ビデオダンスプロジェクトを実行。企画・構成・出演。アートスペースCroassan(Portugal,Liboa)にて作品発表。
2月: ビデオダンスプロジェクトを実行。企画・構成・出演。アートスペースCroassan(Portugal,Liboa)にて作品発表。
5月: Fine Field art Festivalに参加。(栃木県・宇都宮市)従姉妹でイラストレーターの根本有華とダンスと絵のコラボレーション作品「Saudades」を発表。
11月: 菅居理枝子バレエアカデミーに振付。作品名「Interplay RED」。
12月: 横浜赤レンガ倉庫企画・日・韓・フィン共同制作プロジェクト@横浜レジデンス参加。創造空間9001にてSari Parmgremの作品を踊る。
2009年 1月: セッションハウス・ガーデン(東京・神楽坂)にて平原慎太郎との共同作品「3<2」を発表。企画・出演。
3月: セッションハウス劇場(東京・神楽坂)にて、平原慎太郎・根本有華(イラストレーター)とのコラボレーションパフォーマンス「3」の発表。企画・演出。
3月: Kamusuna Ballet Company(ポルトガル・リスボン拠点のダンスカンパニー)の初来日公演にゲスト出演。  <セッションハウス・東京・神楽坂>
12月: 根本有華原画展「ジンジャー」(日本橋・ナンワギャラリー)にて、山北健一(パーカッション)、根本有華、(ライブペインティング)、前澤香苗(ダンス)のコラボレーションパフォーマンス、演出・出演。
2010年 5月: Dance & Percassion Coraboration Performance『Esperanca』企画・出演 ダンス:前澤香苗 パーカッション:山北健一(L’AUTRE MAISON西の洞 群馬県館林市 にて)
2011年 4月: Dance&Piano Collabpration Perfromance『CURE』企画・出演 ダンス:前澤香苗・今津雅晴 ピアノ:矢島吹渉樹 *企画当初は桐生市有鄰館・酒蔵で行う予定でありましたが、東日本大震災の影響で会場 不可能となり、会場をL’AUTRE MAISON西の洞に変え、「東日本大震災チャリティー 公演」とし、売り上げを義援金として寄付させて頂きました。
2011年 11月: ジェローム・ベル振付「The Show Must Go On」 日本版キャストとして出演(彩の国さいたま芸術劇場)
2012年 11月: 菅居理枝子バレエアカデミーに振付。作品名「14Disposition」
現在、フランス・パリ在住