不妊治療について考える

IMG_0185 11月のWSも沢山の方に様々な場所から足を運んで頂き、お茶会の豆大福・草団子・ぬか漬けも大変好評を頂いて、色々な足も見させて頂いて、とても有意義な時間となった。

今回、不妊治療について病院がどのような対応をしているのか聞くチャンスを頂いて、色々考えてしまった。

以前のブログにも書いたけれど、現代には子宮が冷えてしまっている人が沢山いる。子宮が冷えてしまっているという事は、赤ちゃんを育てる部屋が冷蔵庫になっているのと同じ。

寒い部屋では赤ちゃんは育てないし、そこに居る事すら出来なくなてしまう。

そして、子宮の機能だけでなく、子宮が冷えてしまっているという事は一番エネルギーを燃やしていなければいけないタンデンに血液が来なくなっているとうこと。という事は、血液循環の要になっている部分が働いていないのだから、身体の血液循環は完全に悪循環になってしまう。

不妊治療というものは、子宮自体を温めてあげる様な事は一切行わない。

一番メンテナンスしなければならない所はさておいて、妊娠しなければどんどん治療は自然妊娠の形態とはかけ離れ、人間の手で選ばれた精子と卵子を移植してあげることだけをするようになる。

それで妊娠する方も勿論いるけれど、そもそも我々人間の中で起こっている妊娠までの過程というものは、そんなシンプルな事ではない。

精子は必死に卵子にたどり着かなければならず、膣内に入ってからも様々な障害があり、卵巣膨大部にたどり着けるものは本の少し。たどり着けたとしても、その後卵巣から排卵された卵子も待ち構えて、卵子の透明帯に潜り込んで受精卵となれるのは、たった一つ。

ひとつタイミングが違えば、卵子には出会えない訳で、この過程を考えると妊娠するという事は本当に奇跡のような出来事なのだと思う。

人間の目に見える情報は、100%ではない。むしろ、目に見える情報の方が目に見えない情報よりもはるかに劣るのではないかと思う。

人間の目で、いくら元気そうな精子を見極めた所で、その精子の本質を見極められているわけではない。

もしかしたらその時は元気に見えただけで、自然妊娠の過程を通って行けば生き残れない精子の可能性だってある。

そう考えた時、私は人間の生命の触れてはいけない部分に手をつけてしまっているのではないか・・・と思ってしまったりもする。

人間は本当に良くできた生き物であるから、人工授精をしても成長出来ない子は流産してしまうと思うので、人工授精で産まれた子もきちんと産まれて来れる条件が整ったから産まれて来れているのだと思うけれど、様々な過程をすっ飛ばしてしまう事は、母体にとっても、そして産まれてくる子供にとっても少なからず影響があるのでは?思う。

私達人間の身体は、日々調子が悪くなる事は必ず起こっているけれど、でもどんな不調も必ず自分で元に戻そうとする力を持っている。

そして、身体に不調が現れるには必ず原因があって、その原因を解決しない限り、何も解決しない。

不妊治療の話を聞いて、今のお医者さんの患部だけを見て、一人の人間そのものを見ていないような対応に、憤りを感じた。

赤ちゃんが欲しい思いに、何とかしたい!と皆病院に行っているはず。様々な思いを抱えながら・・・

でも、あまりにも今日聞いた医師の言葉達が、患者さんの強い思いとは対照的にあるようでがっかりしてしまう。

身体は全て繋がっている。そして、心も身体に大きな影響を及ぼす。

官足法の様な療法をやっていると、皆さんまず心が解けていく場合が非常に多い。

人にはあまり話せなかった事を話してくれて、実はそこに身体を痛めている原因を見つけられる事も多々ある。

身体と心を健康にする事が、いかに大切な事か思い知らされる。

今、不妊に悩んでいる方は多い。けれど1人でも多くの人に、正しい知識をもって欲しいと思う。

そして、自分の身体は自分でしか守れないのだという事に気づいて欲しい。

自分の為に、そして産まれてくる子供の為にも、まずは自分の身体を自然に妊娠できる身体にしてあげる事が一番の不妊治療ではないかな。

自分の身体を知り、自分の身体を自分で守る事の大切さ、もっと広めて行きたいものです。

12月はWSの後に、ランチ会を開催致します。

詳細はまた後ほど・・

IMG_0183

IMG_0186

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください