断捨離

DSCF4607パリへも持って行かなかった数年着ていない服や、要らない服を整理する。

いつか着るかもしれない・・・でとってあった服は大体着ない。

思い出がある服とかもあるけれど、とにかく物が多すぎると母からの駄目だしがあったため、まだ身体が自由に動く今のうちに・・・と整理をする。

部屋の押し入れは大分スッキリしたけれど、その代わりに要らない服が大きなゴミ袋2個分、そして小さいゴミ袋が一つ。

明日、近くの古着屋さんに持って行こうと思う。

時々掃除しないとどんどん溜まっていってしまう。

溜まると掃除が大変。

身体も同じで、身体の中もこまめに掃除してあげないといけないな。と改めて思います。

 

    ファッション・パリ

    土曜日、旦那さんプロデュースのパリの素敵なお店巡りに出かけた。

    行く場所、行き方は全て旦那さんが調べてくれて、どこに行くのか分からないドキドキと、本当に素敵な場所での楽しいパリの最後の週末になった。

    もともと洋服は大好きだけれど、実は私の洋服に対する価値観に新しい価値観を与えてくれたのは旦那さんといっても過言では無いと思っている。

    今までに、一生物の買い物!という買い物をした事が無かったけれど、洋服で初めてそういう買い物をするきっかけになったのも旦那さんの洋服話がきっかけでもある。

    実家を全て天然素材でリフォームをしていた時、様々な職人さん達の話を聞く上で、やはり良い素材で出来た物は長持ちをするし、初費用は高くついても結局もとは取れてしまうのだという話をよくした。

    長く持ち、人にも優しい。

    同じ様な話を旦那さん洋服話から聞き、32歳の誕生日に一生物の服を買った。

    今の私にとっては、今までの人生で一番大きな買い物。

    母親とその買い物に出かけたのだけれど、何件かお店を廻った中でも旦那さんの好きなデザイナーさんの服を見て、触ると、その素材の良さと服のデザインを一目で気に入ったようで、これは買っておいた方が良い!と背中を押され購入したのでした。

    他のお店で見るどの服にも関心は持たなかった母だったけれど、良いもの!と分かった時のあの反応の違いに、やはり人生の先輩は違うな〜と思ったものでした。唯一、そこの服だけに関心を持ち、自分もここの物を買いたい!と言っていた母。これはずっと着れるから!と買っておきなさい!!と母。

    今回、旦那さんのリサーチで訪れたお店に行ってみて思った事は、まず店のセンスが半端無く素敵だという事。

    恐らくアーティストが関わっていて、店の内装などもかなりこだわっているのだろうけれど、とにかくカッコいい。そして、洋服達の素材が良い。気持ちがいいものばかり。

    そしてなんといっても、スタッフさん達の接客もとても感じが良い上、本当に良く気がついてくれる。何件か廻ったけれど、ちょっと飲み物を出してくれたり、ちょっとした案内をしてくれたり・・・。

    今はまだ、とても買えないので見てるだけ・・だったけれど、空間や置いてある物や居る人たちのクオリティーの高さが、とても贅沢な気持ちにしてくれました。

    DSCF4571

    DSCF4576

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    DSCF4577

    ←このお店は、まるで秘密基地の様。

    通りに看板も無く、通りに面した大きなドアのインターホンを押して、ドアを開けてもらって店に入れる様な仕組み。

     

     

     

     

     

     

    そして、今興味があるのは着物。着物は本当に一生ものというか、後にも残して行ける素晴らしい物だと思う。

    結婚式の時に着させてもらった白無垢、袴は母方の親戚の持ち物。今までに、いとこ達を始め何人か袖を通している縁起物。さすがに何代も着れるようにと作られた素晴らしいお着物なだけあって、こだわって作られたお着物達。

    白無垢の方は本当の純白で、最初角隠しを着けようと思っていたのだけれど少しシミが見つかって、神宮で借りるという話になって着物と合わせてみたら、どの角隠しも色が合わず、結局着物と同じ生地の綿帽子にしたということがあった。この純白を保っておくには、本当に着物屋さんでしっかり管理してもらわないといけないらしい。そして、袴をはいた旦那さんは「こんな帯は見た事がない」と着付けの方に褒められたという。私達の結婚式にも来てくれた、その結婚衣装で10数年前に結婚した従兄弟の長女、小学4年生の女の子も、将来その衣装を着て結婚式をするなんて話もしていて、着物って素敵だな〜。とつくづく思う。

    母方の祖母が生前作った着物を沢山貰ってあるけれど、着付け習って着物を生活の中に取り入れられるように、いつかなりたいな〜と思います。

    洋服も着物も、身にまとう芸術!!!

    素敵なお店巡りの合間のカフェ・レストランどれも素敵で、本当におしゃれな一日になりました。

    DSCF4561

    ←洋服・雑貨・カフェなどが集まる素敵なお店。

    これはCheck IN, Check OUTと書いてある小さいスーツケース達。

    可愛い

    古本に囲まれたカフェ

    DSCF4564DSCF4566

      正直な身体

      最近、胃のムカムカ感も大分無くなって来て元気に散歩が出来そうだと、祝日に近所の森に出かける。

      久しぶりに緑の木々に囲まれて、美味しい空気を吸って身体も喜んでいたようす。

      しかし、久しぶりに会ったお友達と話をしながら楽しいものだから、少し無理をして歩きすぎてしまったようで、せっかく良くなって来た体調が翌日また気持ち悪さをぶり返してしまった。DSCF4413

      身体は本当に不思議なもんで、あぁ、ちょっとやり過ぎちゃったな・・・と思った次の日は必ずあまり調子が良くない。

      これでもか!!というくらいに眠くて寝てしまう。

      今までの私は、割と詰め込んでしまうタイプなので、やっぱり赤ちゃんが「ちょっとやり過ぎですよ」とストップをかけてくれているようでならない。

      つわりが激しくあるわけではないけど、この気持ち悪い感が早く無くなったら良いのに・・・と日々思います。

      でも、調子があまり良く無い時でも必ず「あれなら食べれるな〜」と思うものは日本食。

      味覚わがままな今の私の為に、優しい旦那さんは希望のものを買って来てくれたり、作ってくれたりで本当に大きな感謝です。

      しかし、この時期に日本に居られたら私の食生活大分楽なのにな〜と思う。

      うどんや蕎麦、お寿司が食べたくなる時はしばしばあって、唐揚げが食べたいな〜とか、揚げ出し豆腐やホッケやアジの開きとか食べたくなったり、あとはタコわさだとか明太子ご飯とかオクラ納豆とか酢の物だとか、今の時点で思い当たる食べたいものは沢山。

      日本食を手に入れるのに少し遠くまで買い物に行かなければ行けない事と、料理している間に気持ち悪くなったりするから、なかなか苦労のある食生活でございます。

      6月、日本に帰ったら食べたいものが沢山。

      お寿司を始め、地元佐野のさのラーメンも食べたいし、近所でも大人気の肉屋「鳥喜」の唐揚げ、そして佐野名物「イモフライ」も無性に食べたい。そして、アリランの焼き肉も・・・・。

      と、日本の食べ物の事ばかり考えてしまう最近。

      やっぱり日本食が世界で一番美味しいと思います。

        Sunny Day

        今日のパリは半袖でも良いくらいの暖かさ。

        DSCF4384

        街の木々と空がとっても綺麗でございます。

        そんな気持ちの良い日に、友人と数年ぶりの再会。この間に、私の生活は劇的に変わっていたので、友人もびっくりした様子。

        でも、話をしている間に再確認することも沢山あって、とても素敵な時間でございました。

        その後、自宅にて足もみに興味を持った友人の足の状態を拝見。血液循環の仕組みや、今の状態をお話。

        本当に良いものだと思うから、少しづつでも、一人でも多くの人が自分の身体のケアの仕方を覚えたら良いな〜とつくづく思う。

        身体の仕組みさえ覚えていれば、全ての症状に原因があって、でも必ずそこを良くする術があることが分かる。

        そうして勉強していくと、色々な事が繋がっていて本当に面白い。

        私の母は足もみを仕事としているけれど、身体に関することは本当に良く勉強していて、「数字」の勉強もしている。

        数字も実は身体と深く関係していて、数字一つ一つが身体の臓器の部分になっているらしい。

        数字を書いてみると、面白いくらいにその人の身体の悪い所が分かるもの。

        例えば「8」は胃、とか「9」は肺なのだけれど、胃が悪い人は「8」の書き方がバランスが悪かったり、「9」を肺が悪い人が書くと丸の部分を離して書いてしまったりする。

        実際、とある講座で「肺に影が見つかった」と言っていた方がボードに「9」を書いてみたら3回くらい書き直さないと上手く書けなくて、その後「9」が肺の意味があると言われて驚いていたことがあった。

        数字を書かせて健康診断をするということもあるのだそうな。

        なので、自分の誕生月とか誕生日は自分の持った数字だし、書く機会が多い分、正しく書くということが大事なようです。

        私は11月10日生まれと「1」が多く、「1」は身体全部という意味があるらしく、身体メンテナンスしないとツキが逃げるぞ。と母に言われている・・・。

        私のお腹に居る小さな子も、順調にいけば私と同じ11月産まれ。

        もしかしたら、同じ誕生日になる可能性も無い訳じゃなく、父方の祖父と同じ誕生日の私は、自分の子も同じ誕生日になったらそれはそれで面白いな〜と思います。

        夜の散歩で出会ったルーブルのピラミッドにすっぽり入った夕日。

        綺麗。DSCF4394