子供の力

IMG 5931 e1509064148570 300x225 子供の力息子と一緒に過ごす時間の中で学ぶ事は本当に多いけれど、昨日のワークショップを終え、息子からたくさんギフトを頂いていたのだなと改めて思った。

昨日実行したワークショップは、私がやりたかった事を形にさせてもらったもの。

出来るだけ言葉のインフォメーションを使わずに想像して感じて欲しかったから、ある時、息子がお風呂になかなか入ってくれなかった時に気を引かせる為に始めた声音遊びを取り入れた。

息子に大爆笑だったこの声音遊び、ワークショップ始めから子供達は食い付いてくれて、素晴らしい材料をくれた息子に感謝。

子供という小さな人達は、本当に見くびってはいけない。

私達大人よりも、ずっと物事の本質を見抜く力があると思う。

大人が「子供向け」としてしまう事程、子供にとって退屈なことはないのではないかな。

子供とイベントをする時、「これは子供には分からない、これは子供には難しすぎる」と子供を舐めてしまう事を絶対にしないようにしようと心がけているけれど、こちら側が子供を1人の人として認め、彼らの素晴らしい感覚や表現方法に敬意をもっていると、子供もしっかりとその事を分かってくれる様なきがしている。

それはきっと、どんな場面においてもそうで、子供と遊ぶ時、子供と話す時、大人がどれだけ彼らと本気で向きあっているかで、子供もこちらに本気で向き合ってくれるのではないかと思う。

ワークショップでそんな確信を得た後、息子と息子のお友達達と公園で思いっきり遊んだ。

遊ぶ時も本気で遊ぶ。一緒に走り回り、バトミントンしてころがり、迷路探検し・・・

いつでも本気で遊ぶから疲れるけど、本気は子供に伝わっている。

そんな中、とても嬉しい事があった。

ある息子のお友達が、私に悩みを相談してくれた。

私は彼女に共感し、あるアドバイスをした。すると、そのアドバイスが腑に落ちたようで、昨晩「えいちゃんのママが○○って言ってくれたんだ」とお父さんにお話ししていたのだそうな。

彼女のお母さんも心配していたその悩みを打ち明けてくれた事、そしてそれを明るくポジティブに受け入れられるようになった事が本当に嬉しく、本気で向き合えば自分の言葉もしっかりと心の中に残ってくれるのだな・・と感動した。

そして、少々辛かった公園後の息子リクエスト「スイートポテト作り」も、幼稚園で作ったスイートポテトがとても美味しかったから、自分が掘ったお芋で作ったスイートポテトを食べさせてあげたかった・・・という優しい気持ちの贈り物が返って来て、嬉しかった。

忙しい時、つい子供に「〇〇は駄目!!」「〇〇はしないで!!」と言ってしまうけれど、心に余裕がある時には子供に向き合い、どうしたら〇〇をやらないように出来るかを考える時間がうまれる。

ワークショップを通して、そして息子と過ごす時間、息子のお友達達と遊ぶ時間を通して、とても大切な事を気付かせてもらった。

彼らと過ごす時間は、最高にクリエイティブな時間。

子供は宝!いろんな意味で、宝!!!

大切にしなければ・・・

コメントを残す

(required)

There aren't any comments at the moment, be the first to start the discussion!