セルフボディケアWS終了

写真-6第二回目のセルフボディケアWSが無事に終了。

10名の参加者の方達と、とても充実した楽しい時間を過ごしました。

叔父のパンも大好評で、皆さんに喜んで頂けて本当に嬉しかったです。

官足法、そして呼吸法、ストレッチの講義の中で私が最も大切にしたいと思っている事が、人と触れ合って行うという事。相手がいないと出来ない事をする事。それがあってこそ、人々がある空間に集まり同じ時間を過ごす意味があるように感じています。

今日、2グループに分かれて痛いマットの上を決められた歩数歩くということをやりました。チームで乗っている人の歩数を一緒に数えたり、バランスを崩したら手を差し伸べたり、この時点で皆さんの顔もほころび、笑いも沢山でてきて空間が一体となった様な感じがしました。

普段、会うチャンスが無いような年齢や、職業の方達が出会い、ある事を通して打ち解けて行く様子を見て、こういうのって良いなぁ・・・と改めて感じてしまいました。

そして今回新しく取り入れてみたのが、経絡の流れをダンスの様に意識しながら動かすということ。月ごとに流れが変わる経絡。

8月は小腸系という事で、小腸系の流れを身体でなぞって行くという事をしてみました。皆さん、ダンスしているみたい。

これを取り入れようと思ったのは、6月に行ったパフォーマンスの為に創った「MONAD」という作品の感想をくれた友人の言葉がきっかけ。12種類ある経絡の流れをなぞる事で動きを創った「MONAD」の映像を真似してみたら、背中がほぐれたという事を教えてくれて、これは使える!!と思ったのでした。

そうして身体を意識して動かすという経験を通して、ダンスを踊る事、見る事に興味を持ってくれる方が一人でも増えたら嬉しいと思っています。

私にとっても大変勉強になるこのWSの機会。

今回、8月(小腸系)を始めたので、12系全てをお教え出来る様に、毎月一回必ず開催していこうと思います。

そして、必ず休憩時間に美味しい物を紹介させて頂く事も続けたいと思っています。

身体に良い物を一緒に食べる時間で、会話は弾み、人と人との距離がより近い物になる様な気がしています。

来月は、美味しい和菓子と美味しい日本茶などどうだろう・・・・と考えている所です。

母方の親戚には、食べ物に携わっている方が多いのですが、母方の祖母の弟は静岡でも有名な和菓子屋さんです。

天皇にお菓子を献上した事もあるのだとか。そのおじさんのつくるお菓子は本当に美味しくて、あんこは透き通っています。

添加物は一切使っていないので、お餅はその日に食べないと固くなってしまいます。

なので、おじさんのお菓子を取り寄せるのは難しいかも知れないけれど、今住んでいる所の近くに、おじさんのお菓子に近い物を感じた和菓子屋さんを見つけました。やはり、添加物は一切使っていなく、石臼でお餅をついているのだとか。

そして、お茶・みかん農家でもあった母の実家。今はもうお茶は作っていないけれど、とても美味しい静岡のお茶が手にはいる環境。美味しい和菓子とお茶を挟んでのWSを考え中です。

最後に、私がもっとも影響を受けた本の言葉を・・。

「口は人間にとって素晴らしいものだ。それは、人間の情緒においても、日々の生活にとっても、また人間の美しさにとっても・・

人間にとって、口は会話を楽しみ、愛を語り、幸せ、よろこび、怒り、悲しみを表す。

口は愛情の入口であり、食べ物をとり、生き、そうして人間は栄えてゆく。

だからこそ、口はどんな犠牲を払おうとも、充分な注意を、管理を受けるだけの素質を持っている。」

来月も充実した内容に出来る様に、頑張ります♪

 

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください