デトックス

DSCF3354只今、デトックス真っ最中。

咳に鼻水。

風邪??と思ったけれど、風邪ではない気がする。息子はぴんぴんしているし、これはまたあの例のデトックスだ。と思っている。

例の・・・・という言葉がつくには、一つ理由があり、私は毎回咳や鼻水、またはお腹を壊したりすると、必ず思い出す出来事がある。

ちょっと怪しげな話に聞こえるかもしれないけれど、至ってまじめです。

それは、私がヨーロッパでのダンス活動に線を引き、日本に帰国して間もなくの事。

ヨーロッパでダンサーとしての仕事をしている間に毎日実践していた官足法をきちんと勉強しようと、母が講師として招かれていた沖縄での集中セミナーに私もついて行って、セミナーに参加をした。

沖縄に行った事がなかったので、行きたい!というのもあったけれど・・

朝早い飛行機だったので、前日に空港近くのホテルに宿泊した。しかし、宿泊先に向っていると突然喉がイガイガし始めて、咳が止まらなくなった。本当に何の前触れもなく、突然スイッチを押した様に咳が出始めて止まらなくなってしまった。

ホコリでも吸い込んだ様なイガイガ感に、そのうち良くなるだろうと思っていたけれど、その後咳はどんどん酷くなり、沖縄に着いてから、見事にまったく声が出なくなってしまった。

その後、本当に酷い咳が続いて、家に帰ってからも夜も眠れない程の咳に悩まされた。

そんなある夜、寝ぼけていたのか夢だったのかは確かではないのだけれど、枕元に沖縄のおばあが座り、私に

「その咳は心配いらないよ。あなたの中の悪いものを全部出してくれているのだよ。」と教えてくれて、あぁ、そうなのか!と妙に納得し、その後母の施術を受けたのであった。

あのおばあは、夢だったのか何なのか今も分からないけれど、怖い訳でもなく、ふむふむととても合点がいった。

それからというもの、咳が出たり鼻水が出たりする時には、あぁ、自分の中の悪いものを出してくれているのだな。と思う様にしている。

そんな事があった数年後、再び沖縄を訪れた際に、友人の紹介で、石垣島に住む方で、ご先祖様が多良間島という島の伝統的なお祭り(無形文化財に登録されているお祭りらしい)を始めたという方のお宅に泊めて頂いた。

その時に不思議な話を沢山聞かせてもらい、話の流れで前回沖縄に来た時にもの凄い咳が出て、おばあが枕元で「心配いらない」と話してくれたという話をして、その滞在の時に久高島を訪れて、天候の関係で10日ぶりに船がでるというタイミングで島に渡れたのだという話をした。

確か、その沖縄滞在の時にも台風があって、飛行機が飛ぶか飛ばないか・・という感じだったのだけど、自分が旅をする時になって台風がそれ、快晴に見舞われたという事が今までに何度もあったので、その話も一緒にした。

すると、泊らせて頂いたお宅に遊びに来ていたおじさんが「君は神様に守られている人だね。沖縄という場所は特に、そういう事が沢山ある所なのだよ。」と。そして、世の中にはそういう人が稀にいるのだ。という話をしてくれた。

そして、「君の目の中には神様が見えるね〜。」とそのおじさんに言われた。

沢山不思議な話を聞かせてくれたそのおじさんに、「今日、久しぶりにこの家に来たのは、あなたに会う為だったのかもしれないな〜」なんて口説き文句を言われながら、とても貴重な話を聞かせて頂いた。

そして、その直ぐ後に登った七面山でのお参りでは、7年ぶりだという快晴に見舞われ、雲一つない富士山からのご来光を拝ませて頂く事が出来、その時に祈願した良縁、家族の健康も見事叶えて頂いて、結婚、そして父の胸部大動脈瘤破裂からの生還と、立て続けに色々な事が起きた。。

あの不思議な出来事以来、咳が出るたびに、あの時枕元で助言してくれたおばあの言葉を思い出し、「心配いらない。今私の中の悪いものを出しているのだ。」と思う様にしている。

今も、まさに自分の中の悪いものを一生懸命出そうとしているのだな!!と思いながら、またあの出来事を思い出し、悪いもの沢山出すぞ!!どんどん出てください。悪いもの。と思いながら鼻をかむのです。

沖縄に行きたい。

DSCF3359

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください