燃え続けること

IMG_0798実家には薪ストーブがある。

火の番をしていると、私達人間の身体の中で起きている事が良く分かる。

薪ストーブの火を絶やさず燃やし続ける様にするには、火が循環していける様にしっかり釜を温めなければならない。火は、炎が見えたからといって完全についたとは言えない。

しっかり火がついていないうちにストーブの扉を閉めれば、たちまち火は消えてしまう。

やはり、火がしっかり循環して燃え続けるまでには時間もかかるもの。そして、一番ネックになるのが空気の入れ方だったりする。

これは正に、人間の身体の中で起こっている血液循環のシステムと同じ。

人間の血液循環においても、とても重要となって来るのは酸素。私達の身体は心臓と肺とがセットとなって働く事によって血液を送り出している。私達の血液も、酸素と一緒に運ばれているけれど、上手く呼吸が出来なくなると、たちまち血液循環は上手くいかなくなってしまう。

薪ストーブに火をつけて上手く行かずに消えてしまった時に良く思い出すのは、私達が行う運動の事。

運動をする事は身体を動かしているのだから血液の循環を良くするにはとても良い事だと思っている人は多いと思う。けれど、身体の中がきちんと燃えていなければ、きちんと循環できる形で燃えていなければ、表面上で見えている炎の状態と同じになってしまう。

火がきちんとついていない時というのは、もの凄く煙がでる。つまり、煙突に煤が溜まってしまう。そうすると煙突が汚れてしまい、その汚れが溜まりすぎると煙が逆流して来る様になってしまう。

人間の身体も同じ。身体の中がしっかり燃えていなければ、身体の中に汚れが溜まる。

薪は完全に燃焼すればサラサラの灰になるけれど、そうでなければ黒くべたべたした物が残る。

人間の身体も同じ。中途半端に燃やしたエネルギーは、身体にべたべたした老廃物を残してしまう。

運動もしっかりした知識をもって行わなければ、ただ汚れを溜めてしまう様な事になりかねない。

それを避ける為には、身体の中からエネルギーをしっかり燃焼させる事を出来る様にならなければいけない。

でも、身体の中を意識するという事はとても難しいし、伝えにくいもの。

だからこそ、運動をした後の身体の掃除を忘れてはいけないな。と思う。

そして、しっかり身体が燃えている時というのは自分の中の色々なセンサーが敏感に働く様な気がする。

私は結構ひらめきを大切にしているのだけど、そうして不意にひらめいた事を実行に移す時、必ずと言っていい程にまるで神様がいて、上手く行く様に調節してくれているのではと思う様な事が起こる。

例えば今まで、ふと思いついて行った旅では自分の人生での大きなきっかけとなる様な出来事に遭遇する事が多かった。

大きな事で言えば、結婚式。結婚式の事を決める時、旦那さんのご両親が見せてくれたあるパンフレットが和装で緑に囲まれた場所での写真で、全然考えていなかった明治神宮も良いかも!と思って連絡すれば翌日がたまたまフェアの日で、模擬結婚式を見学すれば新郎新婦役をやる事になり、何かご縁を感じて日にちを確認すれば6月、週末、大安吉日、一番人気の部屋がすっぽり空いていた。結婚式の10日前に父が倒れるも結婚式当日には80%雨の予報を覆し、晴天で家族揃って結婚式が出来たという事があったものだった。

今回は、その時に似たような思いつきがあったのだけれど、やっぱりな!と思う様な事が。

来年から幼稚園の息子。今住んでいる杉並区は幼稚園の激戦区らしく、ママ友達からこわ〜い噂を沢山聞いていた。希望の幼稚園に入れなかったらどうしよう・・・とず〜〜っと気にしていた。

プレに入る事も難しく、徹夜で並ばないといけない幼稚園もあると聞いて、そこまでしなくても入れる所が縁のある所かと思っていたし、今の所気に入っている幼稚園の一つはプレは無く、募集人数を超えたら抽選になるという幼稚園であったから、とりあえずそこにかけるかな。と思っていた。

のだけれど、ある日突然夜中に目が覚めて、息子の幼稚園の事を考えると眠れなくなってしまった。

実は、プレに入るのも難しい・・・という幼稚園は、幼稚園を調べ始めた時に一番に気に入った所。

もう一度その幼稚園のHPをみると、やはり魅力的ではある。中にはプレに入ると必ず入園しなければならない所もあるけれど、そこの幼稚園はそういう訳でもない。でも、入園はしやすくなる。恐らく、人気の幼稚園だし、プレ無しで入る事はとても難しい。

他に気に入っている所もあるけれど、もしも入れなかったら・・・。

今から1年間、希望の所に入れるか・・・とおびえて過ごすくらいなら、一つ自分の本当に気に入っている幼稚園に入れる保険が欲しい!という思いでプレに申し込む事に。

しかし、徹夜で並ぶといっても旦那さんはその日国外。私も息子がいるから並ぶのは難しく、並んでくれる便利屋さんを探して申込の時間より12時間前から並んで頂く事に。(この便利屋さんは12時間パックというシステムがある非常に良心的な会社)

申込前日、並び始めたら連絡しますという話だったのだけれど、その時間よりも随分前に電話が入る。

「他の方から同じ幼稚園のプレの申込に大至急並んで欲しいという依頼があって、もう既に人が沢山並んでいる様なので、前倒しして並びましょうか??」と。

お願いすると、到着した時点で90人募集の中の77番目だったそうな。

私がお願いしていた時間には90人を超えで締め切られて、皆さん帰されていたそう。

よくよく話を聞いてみると、もう一人同じ依頼をした方は当日飛び入りの依頼だったらしく、幼稚園のご近所に住む方で、様子を観に行ったら既に長蛇の列だった為、大至急に依頼をしたのだとか。

もしその人が依頼をしていなければ、完全にアウト。

他の会社に比べたら、とても良心的なお値段設定だったにも関わらず、スタッフさんの親切にも大きな感謝です。

結局、早めに中に入れて頂けたみたいで温々した室内で過ごせたので良かったとスタッフさん。

「しかし、突然の依頼をした方がいなければアウトでしたね!!!電話の方に感謝です。」と。

本当に上手く行く時にはどんなピンチになっても上手く行くのだな。と感じた出来事。

その電話の方に会える時が来るかな。

またこの出来事を通して、自分のひらめきや思いつきは大切にしなければ!!と思います。

大事な事をしっかりキャッチ出来る様に、いつもしっかりエネルギーを燃やし続けていなければ。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください