セルフボディケアWSレポート

資料
資料

今日のセルフボディケアWSも、大変充実した時間になった。

WSを行った日は、私自身も皆さんと一緒に足を揉んだり、身体を動かす事によってとてもよい気持ちになる。

今も、足がぽかぽかで気持ちが良い。

今日は、ウォークマット、そして今月注意しておくべき反射区をグリグリ棒で行った後、手で揉みきれないふくらはぎや腿にしっかりと血液を通す為に、ストレッチの時間を長く取ることに。

身体の後ろ側というのは、意外と目を向けないし、後ろ側をストレッチするという事はなかなか難しい。

特にお腹にしっかりと血液が廻って来ていない人は、今まで見て来た方達の100%の確立で背中側(身体の後ろ側)が堅く、背中を丸く出来なかったり、足の後ろ側を伸ばす事が出来ない。

という事は、背中側の筋肉が縮まってしまっている様な状態になっている。

西荻窪での月2回、そして栃木での月1回のWSどちらでも起こる事だけれど、WS終わりにいつの間にか上がらなかった腕が上がりやすくなったり、痛かった肩が痛くなくなったり、股関節の痛みが和らいでいたり・・・・とうことが沢山起きているけれど、意外と痛さを感じている患部では無い所が原因で痛みを発症しているという事は多い。

WSで提供しているストレッチは、とてもシンプルではあるけれど、WSの皆さんの身体の変化を通して私も気づかせて頂く事も沢山だし、確信を持つ事も多くなった。

官足法を通して身体の事をより観察し、ケアする様になったけれど、ストレッチのやり方や身体の反応の仕方など、様々なヒントは今まで培ったダンスの知識から貰っている。

こうして、全く違う分野であるダンスと官足法が繋がりを持ち、自分がダンスで出来る事、また自分が官足法で出来る事の幅を広げてもらった様な気がする。

今日のWSの最後に、舌や唇を振動させるあるエクササイズを行った。

このやり方は、ヨーロッパでのダンサー時代に、舞台で台詞を話さなければならない事があった為、ヴォイストレーニングを受けた時に、ヴォイストレーナーの方に教わったエクササイズ。

しっかり腹式呼吸が出来ていないと出来ない・・・というそのやり方は、一見口に関係している動きの様で実はそうではない。

こういう人の身体の様々な仕組みは本当に摩訶不思議でもあり、理にかなっているようでもある。

これからも、ダンサーである自分だからこそ提供出来るボディケアの幅をどんどん広げられる様に精進します。

そして、もうすぐ素敵な品物が届く。

足をケアする上での素晴らしい道具。

本場チェコからの上質のもの!!

届いたらすぐにお知らせしようと思います。

 

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください