日本に帰って来て、まず歯のメンテナンスを始めた。

子供一人産んだら歯を一本失う・・・と友人から聞き、気になっていた所もあったので帰って来てすぐに治療に行き始め、

虫歯になっていた所を治し、歯茎が少し腫れているからと歯石をとってもらい、虫歯では無いけれど気になる所を治してもらった。

歯にはトラウマがある。あごの大きさの割に歯の一つ一つが大きく、スペース不足で八重歯もあって、歯が曲がっていた私は、21歳くらいまで笑顔になる事にコンプレックスを覚えて、笑う時にはいつも手で口を隠すようになっていた。

歯医者さんからも矯正をした方がいいとすすめられて矯正をするのだけど、これがまた大変なものであった。中学に入る前くらいの時、大幅に飛び出ていた八重歯を、とある歯医者さんに行って抜いてもらった。邪魔だったから・・・

しかし、この八重歯を抜いてしまっていた事が大きな問題に繋がるとはつゆ知らず。一本歯が足りないお陰で噛み合わせはどんどんずれ、顎関節症にまでなってしまった。矯正を始める前、矯正歯科の先生が「え!?!?歯医者さんが八重歯を抜いたんですか?信じられない・・・」と驚いていた程、八重歯を抜くなんてあり得ない事らしい。とんでもない歯医者さんだったよう。

矯正前に、スペースが足りない事もあり、親知らずが4本生えていたとはいえ、計7本の歯を抜歯。そして矯正器具を着けての治療が始まったのでした。数年器具を着けて、みるみるうちに歯は動いて、ず〜〜っと悩まされていた偏頭痛も、悪かった腸の調子もすっかり良くなり、噛み合わせって大事なのだな。とつくづく思ったのでした。

そして、先日治療してもらった歯で、最近また調子が良くなった事が。ある歯は、以前歯がしみるので治療をしてもらった歯。

治療をしてもらってもまだしみて、一時は神経を抜くという話にもなったのだけど、フランスへ行く前で時間もなく、神経はなるべく抜きたく無いので様子を見る事になって、でもやっぱり今でもしみるので見てもらった。

すると、実は原因だったのは上の歯との噛み合わせだった様子。上の歯がとがっていて、下の治療した歯を随分と削らないと噛み合ない状態で、下の歯に厚みが足りなくて神経を刺激してしまっていたよう。上の歯を少し削り、下の歯の詰め物を少し厚くしてくれただけで、全然ちがう!!!な〜〜んだ、コレが原因だったのか〜!と納得。

今思い出してみると、日本に帰ってくる前など結構な頻度で頭痛に悩まされていた事を思い出す。噛み合わせって本当に大事。

血液循環療法でも、歯だけはどうしようも出来ないという事を勉強した。

歯は命というけれど、健康も歯に大きく関わっているな〜と思います。

そんな中、旦那さんの実家から大好物を沢山送って頂いた♪♪

食べた後には歯磨きを・・・・

歯は大切に・・・です。

DSCF4629

 

    子宮頸癌ワクチン

    今日、歯医者さんの待合室で某週刊誌に目をやると、子宮頸癌ワクチンで様々な後遺症に悩まされている女の子達の直筆の手紙が載せてあった。

    ワクチンの後遺症で車いす生活になってしまった子、右手が使えなくなってしまって慣れない左手で書いた震えた字で身体の痛みを訴えて早く学校へ行きたいと書いていた子、24時間頭痛に悩まされ、突然気を失い真横に倒れてしまう事があると訴える子、笑顔が出来ない、言葉が出てこなくて友達が出来ないと悩む子・・・。切なくて心が痛い。

    まだ中学生や高校生。これからという時に様々な症状に襲われて、この症状を和らげる方法は無いという。一生このまま・・という。

    自然療法、血液循環法、東洋医学etc…と色々な勉強をし色々な症状の患者さんを見て来た母は、この子宮頸癌ワクチンが小中学校で無料接種となった時、この先恐ろしい事になるのでは・・・と懸念していた。

    ちょうどその年頃の娘さんをもつ患者さんの一人は、自分自身の身体の不調から母のもとに施術を受けに来るようになった方。

    もう、お嬢さんのウエディングドレス姿は見られないでしょう。と特殊な病気を告げられて、そう言われたそうな。

    特になせる治療も無いと・・・。

    失意の中、母の存在を思い出し、病院から家にどう帰ったか今でも思い出せないらしいけれど、直ぐに母に連絡を取り、その時から数年の間治療をしている。お医者さんもびっくりするような効果が現れたこともあり、色々な症状が改善されている事もあり、何かあれば色々な事を母に相談している。

    娘さんの子宮頸癌ワクチンの時にも、どこか疑問があったのか母に相談をしたらしい。母は自分の知識の中で思う事をその方に伝え、その方は娘さんにワクチンは打たせないと決めた。

    その時、たった一人だけワクチンを受けなかった娘さんとその方は、学校から変人扱いされたそうな。

    しかし、今になってみて、その患者さんは周りに何を言われても自分がした選択を正しかったと噛み締めているよう。

    中には何も後遺症が無い人もいるけれど、あのワクチンが本当に効くかどうか分かるのは彼女達が40歳を迎えた時だということが記事には書いてあった。

    そのインタビューを受けていたある医師は、ワクチンは危険だ!とずっと言い続けているという事だった。

    一生もとには戻らないと言われた若い女の子達。

    昨日まで普通にきゃぴきゃぴした中高生だった子達が、歩行もままならない、学校へも行けないなんて・・・。

    良いと言われれば信じてしまうのが普通だと思うけれど、自分達の身体は自分たちでしっかり守れるように、最低限の知識をもって選択をしていかないといけないな。と、色々な物があふれる今の世の中こそ、自分を守って行く為に必要な事のような気がする。

    どうにか後遺症に悩む若い彼女達が今までの生活が出来るようになる事をただただ心から願うだけです。

    DSCF4536

    ←@St Sulpice寺院

      右腕のちから

      ここ一週間くらい、背中がバリバリで朝起きると首が痛くて、頻繁に頭痛がしていた。

      以前、酷い頭痛に襲われた時に母に助けを求め、呼吸を意識的にしてみた所直ぐに効果が出たのだけれど、今回はなかなかそうもいかずに、呼吸を意識的に出来ない状況になるとたちまち頭痛が襲って来て、結構辛かった。

      背中をストレッチしたり、呼吸をしたり、顔面マッサージしたり、色々な事を試してみたけれど、それをしている時はいいものの、しばらくするとまた頭痛が襲ってくるという感じで、どうしたらいいものかと思って、産婦人科の先生にも電話して、妊婦でも飲める頭痛薬が薬局で買えないか聞いた所、病院でしか出してくれないとの事。

      約1時間かかる先生の所まで行くのはちょっときつくて、色々試してみる。

      しかし、コレといった解決方法は見つけられないまま、ある人との再会の為に出かけた。

      お茶をしながらお話ししている時に、頭が痛くなって来たな〜・・・と思いつつ、ふと左手で右手の腕をマッサージし始めた。そうしたら、痛いのなんの。さらに、なんだかゴリゴリしている。筋張っているというか。

      そういえば、母から右腕をしっかり揉んで肘関節の裏側にきちんと脈がとれるようにしなさい!と言われた事を思い出し、お茶している間にず〜っと右腕を揉み続ける。すると、右腕を揉んでいる間は、まったく頭痛がしないことに気づく。

      そういえば、何日か前から右手のひらの下の方が打撲したかのように痛くて変だな〜と思っていたけれど、手首も詰まってしまって血液が流れなくなってしまっていたサインかも知れないと思い、とにかく家に帰ってもず〜っと右手を揉み続けた。

      すると、いつも冷たかった手のひらがぽかぽか暖かくなり、首も背中も痛く無い。何より頭痛が全くしない。

      眠りにつく前にもう一度入念に右腕を揉みながらしっかり脈を打つのを確認し、呼吸をしながら背中をストレッチして寝た。

      すると、なんと!!!

      ここの所ず〜っと感じていた寝起きの背中のバリバリ感、そして首の痛さが全くない!!

      手はず〜っとぽかぽかで、頭痛の「ズ」の字も思い出せないくらい快調!

      枕のせいかな〜・・・とかベットのせいかな〜・・・と思っていたこの不調も、右腕の流れの悪さが全てだったのだと再確認。

      腕を確認してみると、肘から下には軽く痣まで出来ていましたが、頭痛に比べればこんなもの何でもない!!!

      人の身体って凄いな〜!と改めて思います。

      足は左から、腕は右から!という母の言葉通り、右腕をあれだけ揉んだら左の腕がおかしくなりそうなものなのに、左手もぽかぽか暖かく、痛い所も全くないから不思議。

      身体は繋がっているのだな〜と言う事がよく分かる。

      ここ何日か続いていた身体の不快感から解放され、美味しく食べ物も食べれる!

      悪阻もほとんど終ったような感じです。

      これからも、とにかく右腕の脈がいつでもとれるようにしっかりメンテナンスしていかなければ。

      意外と知らない右腕の力。

      凄い。

      サルもびっくり。

      DSCF3463

        伝授

        DSCF3776今日もまた一人の方に血液循環法の知識、そしてセルフケアをお教えする機会があった。

        その前に、足もみのことで聞きたいことがあったので母とスカイプをすると、ちょうど聞きたかったことについて昨日発見があったとのことで、それを教えてもらった。

        身体のことは、まだ医学でも解明出来ていないことがた〜〜〜くさんあるけれど、自分たちで発見出来ることって意外と沢山ある様な気がする。

        日本に居た時、母の講座で私もストレッチや呼吸法などを教えていたけれど、それは全て今までのダンス経験から持って来た材料ばかり。身体を正しく使うことは、身体を健康に保つ術だと思う。

        幼少の頃始めたバレエの先生が、間違った基礎を教えてくれてから中学2年生でバレエ教室を変わって、「今まであなたがやっていたことはバレエではありません。今バレエを始めたと思ってください。」と先生に言われてから、全部外側の筋肉を使ってしまって酷いO脚になってしまった身体の使い方を変えていくには相当の苦労があった。けれども、間違えを知っているからこそ、間違えを正していくという作業を通して、本当は身体のどの部分を使わないといけないのか少しづつ少しづつ身体が分かって行った様な気がする。

        でも、無理があった足首には負担がかかって手術をしなければいけなくなってしまったけれど、それで官足法にも出会えた様なものだから、今ならそれはそれで良かったと思える。

        先生は、正しいやり方は教えてくれるけれど、間違ったやり方からどうしたら正しく使えるようになるかは教えくれなかった。それはきっと、先生は間違ったやり方を身につけたことは無いから分からないのだと思う。そうすると、やっぱり自分の感覚でどうしたら正しい使い方が出来るようになるのか、探していかないといけない。その作業を通して、中2の頃から私は必然的に自分の身体と向き合うという事をしなければならなかったのだな〜。でも、そのお陰で自分の身体の観察力はとても敏感になったし、何と言っても人の動きや身体の使い方を観察するのもかなり得意であります。

        一つ、今までのダンサーとしての仕事を通して勉強させて頂いた事で、とても役に立っている事がある。それは、とある仕事でやったヴォイストレーニング。舞台上で声を出さなければいけないという事で、ヴォイストレーニングを受けた。声の出し方の基礎や、複式呼吸の使い方など教えて頂いたけれど、私はなかなかこれが得意で(真似が得意なのかもしれません)先生には、「君は歌を歌ったらいい!!」と太鼓判を頂いたのでした。とにかく、毎回新しい情報を貰える事が楽しくて、だんだん声の出方が変わって行くのが楽しくて、本当に素晴らしい機会だった。

        そんなトレーニングの中で、唇をブルブル振るわせながら(ブ〜と音をだしながら)音階を変えて歌うというものがあったのだけれど、きちんとタンデンを使って口から空気を出せていないとブルブルが止まってしまうのですね。本当に不思議なのだけど、お腹の意識が無くなったとたん、ブルブルは止まってしまうのです。

        それを講座などでやってみると、中年のおばさま達はほとんど出来ない。完全に、タンデンを使う事を忘れてしまっている。そうすると、お腹が出て来てしまったりしますね。

        これは若い人でも同じで、お腹が冷えている人は大体これが出来ません。お腹が冷えていると、女の人は生理不順になったり、生理痛がひどかったりという人が多いです。

        このヴォイストレーニングで、ちゃんと声を出せる時は、踊っている時と同じようにタンデンを使っている事に気づいて、何でも同じなのだな〜と思ったのでした。

        こうして、関係ないようだけれども実は繋がっている身体のしくみ。

        こう考えると、健康の為にきちんとした身体の使い方をするダンスというものがもっともっと広がったらいいのにな〜と思ったりします。やっぱり、今はまだ血液循環法とダンスが上手く関わっていないけれど、これからどんどん自分だからこそ出来るダンスとの繋がりを見つけ、ダンスもどんどん広げられるようになったら良いな〜と改めて思うのでした。

        よし、頑張ろう。

          身体の仕組み

          身体は本当に良く出来ていて、ちゃ〜んとサインを出してくれるな〜とつくづく思う。DSCF3940

          最近、悪阻の影響からかご飯を作れなくて外食をする機会が多くなってしまっていた。そうすると、食べている時は良いのだけど、夜中〜朝方に胃がむかむかしてしまってならない。

          昨日、旦那さんについて来てもらってマルシェに買い物に行く。以前知人から、とある店はほとんど無農薬で作ったものを安く売っているからオススメ!と聞いていて、カレーを作る為にじゃがいも、にんじん、玉ねぎさんを購入。

          材料を切り始めると、まず玉ねぎの臭いが全然違う。切った瞬間に玉ねぎの良い臭いがして、この玉ねぎ何か違う!!と直ぐに分かる。無農薬だとこんなにも違うの!?!?と思いながら、コトコトと出来上がったカレーが、今まで自分が作ったカレーの中で一番と言っていい程美味しかった!!

          妊娠してからというもの、臭いにとっても敏感になっていて、食べ物も食べ始めれば良いのだけど、調理中の臭いや食べる前に臭いが気になったりすることが多かったのだけど、今回のカレーは、調理中の臭いも良いにおいと感じたし、本当に美味しく食べられる。

          そして、夜の胃のむかむかが全く無いのは本当に不思議です。

          やっぱり、良い素材で自分で作って食べるのが身体にはいいのだな〜と自分の身体の違いでつくづく感じます。

          官足法を初めてから、悪いものが入ってもそれを体外にきちんと出せる様な身体を作っていれば怖いものなんて無い!と思っているけれど、本当にそうで、身体に良くないものを口にすれば、お腹を壊したりしながらちゃんと体外に出してくれることが分かる。

          でも、そこを自分の身体の声を無視してコントロールしようとすると、身体が本来持っている機能を使えなくなってしまうのではないかな〜と思う。

          定期的にセッションをしている患者さんの一人は、ずっとマクロビオティックを勉強していた方。

          しかし、足には全然栄養が来ていなくて肌は黒ずんでいて、本当に冷たい足をしていてびっくりした。

          官足法の知識をお教えしながらセッションを続けるうちに、足もだんだん血が通って来るようになって来たけれど、とても印象に残っていることがあった。

          それは、マクロであまり身体に良くないとされている食品を食べると罪悪感が残っていたという。

          しかし、私と出会って悪いものが入って来たらきちんと出してくれる様な身体にすれば良い!と気がついてから、食べ物を食べても罪悪感がわかなくなったと・・・。

          食べ物だって、美味しいと思って食べれば良い栄養になりそうだけれど、罪悪感があれば上手く吸収しないんじゃないかな〜と私は思うから、食べたい時に食べたいものを食べた方が良いですよ!でも、足をちゃんと揉んでいたら悪いものは出るから大丈夫!!と言っています。

          実際、私は足もみを始めてから本当に身体が正直に反応してくれるので、食べ過ぎたと思えばお腹も壊れるし、体調悪い時は無性にジャンクフード食べたくなるし・・・・という感じです。

          でも、実は健康な時に無性に食べたくなったりするものも理にかなっていて、その時にかけている栄養素を身体が本当に欲してくれているので、やっぱり自分の身体と会話をするのが一番だとつくづく思います。

          赤ちゃんがやって来てくれてから、私の身体はまた今まで以上に色々なサインを出してくれるようになっているけれど、色々詰め込んでしまう癖のある私に、「無理しなさんな」と赤ちゃんが教えてくれる様に感じる時がある。

          そういう時はゆっくり身体を休める体勢を取ると落ち着くのだから不思議なもの。

          本当に人間は凄いな〜と改めて感じます。

          良いもの食べて、身体をきちんとケアして、心身共に健康でありたいものです。