偶然にも・・・

0385 300x199 偶然にも・・・本日、地元の新聞「下野新聞」に著書「病気のサインは足裏で読む」の記事を載せて頂きました。

実は、今日は父が大動脈瘤破裂で倒れ、心臓を止めての大手術をしてから丸6年の日。

6年前の今日、父の心臓は一度止まり、再び生き返った6歳の誕生日。

「病気のサインは足裏で読む」の中にも、父が倒れた時の事、倒れる3年前に呂律がまわらなくなって、そこから官足法を一生懸命はじめた事など記しています。

官足法を続けていなかったら、きっと父は今頃この世にいないと思います。

このタイミングで本を紹介して頂く偶然。

何だか不思議なご縁を感じます。

不思議なもので、今でもこの時期になるとドキドキします。

父が死んでしまうかもしれない・・・・。もう二度と会えないかもしれない・・・・。

と思うと、とにかく無事を祈るしかなかったあの時の感情が、毎年この時期が近づくと蘇って来て、なんだかドキドキしたり不安になったりするのです。

少しづつ怖さは消えて行きましたが、未だこの時期にはとてつもない不安に教われる事があります。

人の身体は本当に良く出来ていて、身体が全てを分かっているのだと思います。

今日、父の生還6年目を機に、また大切な事を思い出しました。

手術へ向かう父を送りながら、こんなとき祈る事しか出来ない自分の無力さを感じながら、いかに健康が大切な事か、命が大切な事か考えた事を鮮明に思い出しています。

健康な身体さえあれば、こんなに幸せな事はありません。

お金より、地位より名誉より、何よりも大切な物だと今でも思います。

奇跡的に生還し、退院3日目に一緒に歩いた結婚式は今でも大切な大切な思い出です。

1人でも多くの方が、健康で幸せな日々を過ごせます様に・・・。

父の生還日に新聞に載せて頂いた事で、また自分の使命を感じた一日。

コメントを残す

(required)

There aren't any comments at the moment, be the first to start the discussion!